10年ぶりの世界遺産「日光」の濃緑はとっても美しくて感動!富士フィルムX70が大活躍した日

10年ぶりの世界遺産「日光」の濃緑はとっても美しくて感動!富士フィルムX70が大活躍した日

写真撮るのが好きなのをたまに忘れる みかん(@tangerine_buddy)です。だって、忙しいんだもん。夏休みに、日光に行ってきまして。実はわたしたち夫婦は金谷ホテルで結婚式を挙げたのですよ。日光中禅寺温泉 中禅寺金谷ホテルの方ですけど。約10年ぶりくらいにムスメ二人を連れて世界遺産になった日光を散策するのは感慨深いものでした。雨上がりが美しい緑に、やっぱ旅っていいなって再認識。では写真をご紹介。

カメラは富士「X70」高級コンデジ(APS-C)

今回は荷物になるPENTAXの一眼レフを諦めて、小回りの効くコンパクトデジカメにしました。コンパクトと言えど、センサーサイズは「APS-C」でコンパクトデジカメとしては申し分ないサイズです。わざわざフルサイズにしなくても十分に写真は楽しめますから。カメラは富士の「X70」。いつの間にかにディスコンになってしまった名機です。

 

この機種は往年の富士フィルム時代のリバーサルフィルム(ポジフィルム)いくつかの特徴でフィルターして撮影できる優れもの。ポジフィルムで遊んでいたオジサンにはたまらない機能。タッチパネルだし、自撮り用に液晶モニタを反転できるし優れものなんですよね~。子連れは荷物が多いので今回はこのコンパクトなやつが役立ちます。富士フィルムの最近のおススメはこのXF10コンパクトデジカメ。X70より、初心者向けですが機能性抜群。めっちゃコンパクト。写真好きのサブ機としてもおススメ。

 

世界遺産日光は雨上がりの緑が絶景!

久方ぶりの日光、ちょうど雨上がりで緑の木々が一斉に呼吸をしている感じんでした。少し蒸していましたが、いかにも夏の雨上がりでステキ・

まずはベタに橋。これ渡るのに数百円かかるらしくもちろん写真のみ。雨上がりの雲空は陰影や濃淡があってステキななのですが、デジカメのセンサーはまだまだ苦手なところですね。

参道の緑は活き活きしていました。春の新緑も爽やかですが、真夏の濃緑も咽ぶような深い美しさ。

石垣の隙間に生きる緑も雨上がりでキラキラしていました。

この時期に一斉に緑を楽しませてくれる苔やシダ。この美しさは日本ならではですねぇ。

石垣や石灯篭とのコントラストが美しい。海の青さも大好きだけど、緑も大好きだな。やっぱり自然って素敵。東京下町に住んでいると、なかなか自然体の緑が少ないので(公園の緑は結構多い)エネルギーチャージです。子どもを連れているとゆっくり写真を撮れないのが悔しいですが、これもまた親の楽しみというものでしょう。

 

パパとママが結婚式を挙げるために何回か赴いた日光。あの頃は寒くて、いろいろ課題があってぶつかったりしていたけど、今はれっきとしたママに頭の上がらない私です。ムスメにも頭が上がらないし…。(結婚式って、両家の意向とかいろいろ絡んでくるから、いろいろハードルを乗り越えないといけないんですよね。特に長男長女だと。このハードル乗り越えていくのも通過儀礼というか、最初の試練なんでしょうけどね)

それでは、今回は久しぶりに写真のご紹介でした。最近はミラーレスカメラが大人気で、どのメーカーもミラーレスですが、いぶし銀的なコンパクトデジカメもおススメです。ちょっと高めですが、十分に価値がありますよ。わたしはコンパクトデジカメこそ、デジタルの強みだからもっと頑張って欲しいと思っています!それでは、また!