冬におススメする金目鯛と新鮮お魚料理の名店「きんめ家」は江戸川区平井のエース級居酒屋

冬におススメする金目鯛と新鮮お魚料理の名店「きんめ家」は江戸川区平井のエース級居酒屋

寒すぎて整体に行くのも嫌だから両肩と腰に貼るホッカイロしている みかん(@GuyTangerine)です。寒い…。東京都心、初雪らしく。お金持ちは床暖房がある新築マンションや一戸建てで暖かいんだろうなぁ。うちのボロ貸家は寒くて寒くて。そんな寒い時期はやっぱりお魚と鍋料理ですよねー。東京都江戸川区平井には金目鯛や新鮮なお魚を頂ける「きんめ家」ってお店があるんですよ。ここが美味しくて、ひっさしぶりのあんこう鍋が最高だった。

パパ友との忘年会はお魚居酒屋「きんめ家」でしっぽりと!

気兼ねなく飲んで話せて食べられるって、ほんと良いもんですよねぇ。意外と無いんじゃないんですか?お気楽に飲んで食べられる機会って。仕事がらみだと気を遣うし、ファミリーだと子どもたちの言動にアンテナ張っていなきゃですし。地元だけど、地元出身はボクしかいないので、それもお気楽。地元のしがらみも無し。

今回は「きんめ家」というお魚料理の居酒屋さんを予約してくれました。気が利くパパ友がいるんですよ。いっつも任せっきりですいません…。

お通し、よいですねー。手羽先と小松菜。小松菜は江戸川区の名産品ですよ。徳川家御用達の栄養満点のお野菜です。味もあっさり目で、オトナのボクらにぴったり。さてさて、注文は海鮮サラダと白子の天ぷらと牡蠣を。

海鮮サラダはお魚がいっぱいに和えてありボリューム満点!自家製伊達巻も入ってます。ここの伊達巻は甘いお味のようですね。仕事がらみの飲み会だとあんまり食べないんですけど、こーゆー私的な飲み会は食べまくり。だって、美味しいんだもん。

白子の天ぷらはお塩にていただきます。サクッと、フワッと、トロッとな白子の天ぷら。プリン体ってなんでこんなに美味しいのだろう…。罪深い。そして、今年、初の牡蠣をツルッと頂きます。しあわせー。

青ネギと柚子と紅葉おろしが美しいですね。しっかりと手をかけているのが嬉しいです。

お刺身盛り合わせには金目鯛がデフォルト!

屋号の「きんめ家」の通り、このお店のウリは金目鯛。千葉県は調子から仕入れているそうです。お刺身はエンガワを含めた2人前の盛り合わせを注文。しっかりと金目鯛が入っていました!嬉しいねぇ。

なんという美しいお刺身の盛り合わせ。一番おいしい食べ方で出していただきます。もうこれは日本酒を頼まないのは日本男児の名がすたる、ということで純米酒を注文。あんまりこだわりは無いけど、甘めの日本酒が好きです。あとは東北やマイナーのエリアの日本酒とかを好みますね。燗酒のつぎはお冷で。表面張力モリモリのグラスにしていただき、ありがとうございます!

そしてお鍋は、贅沢にあんこう鍋で!

お鍋は何にしょうかと悩んでいましたが、キムチ鍋はどこでも食べられるし…、あんこう鍋、いっちゃう?ってノリであんこう鍋を2人前。たまには贅沢にあんこう鍋食べてもバチは当たらないでしょ。最後に茨城県大洗であんこう鍋を食べたのは、もう、妻と出会う前だから10数年ぶりです。コラーゲンとプリン体がたっぷり!

あん肝どっさり、あんこうの身もどっさり。見るだけで幸せー。ここでも気の利くパパ友がしっかりと鍋奉行をしてくれて任せっきり。ありがとうございます!身はプリプリで、あん肝はホロホロで。この残った出汁で雑炊にしたら、絶対に美味しいはず。

もちろん、最後は雑炊にして終了。食べログだと3.07点なので、地味な下町にしては良いお店です。贅沢したから、1人8,000円もしちゃった。

二次会はカラオケへ。これもまったく気を遣わないでOKなカラオケ。高校時代から変わっていないミスチル、イエモンなど。カラオケは、お金出してもらっちゃったから、今度、恩返ししないとだな。妻とムスメ達は妻の実家に帰っているので、この日は、お風呂も入らずに着替えてお布団にGO!とても至福な忘年会でした。ムスメ達がいない飲み会は平和だ!ちなみにこのお店は子連れファミリーも大歓迎な居酒屋です。ここらへんは子連れウェルカムな居酒屋さんが多いんですよね。もちろん、居酒屋だとタバコの煙があるので、そこらへんを気にするファミリーはお気を付けを。

今年度は仕事がらみ(ベンダーさんが出席される会は、ボクも顔を出さないとマズいので…)の忘年会や新年会にチョイチョイ顔を出したので、1月の今になって疲れが出て風邪でダウンしちゃいました。お金も散財しましたし。まぁ、でも、お酒の席も仕事の延長なのでご勘弁くだされ。

それでは、また!

 

きんめ家

関連ランキング:居酒屋 | 平井駅亀戸水神駅

 

平井・亀戸・錦糸町カテゴリの最新記事