胃部内視鏡の検査結果を聞いてきました!驚きの結果とは?ピロリ菌は?

胃部内視鏡の検査結果を聞いてきました!驚きの結果とは?ピロリ菌は?

胃部内視鏡の結果を恐る恐る聞いてきた みかん(@tangerine_buddy)です。先日の内視鏡の目視診察で、逆流性食道炎と胃潰瘍の疑いありでした。ついこの前に、潰瘍部の組織を少し切除したので、その分析結果と、ピロリ菌が常在しているかの結果報告でした。冗談で、ガンだったらどうしようって話してたけど…。ピロリ菌は絶対に棲んでそうだよなぁ。

潰瘍はガンなのか!?ピロリ菌は!?

先生「はい、ガンのような悪性ではありませんでした。ピロリ菌のようなバイ菌もいませんでした」とのことで、診断は「逆流性食道炎および胃炎」でした。やっほーい!うちの家系はみんな胃をやられているので、絶対にピロリ菌はいると思ったのに。除菌する必要もないとのこと。「これからはガンなどのリスクが増えていく年代なので、毎年、胃部と大腸の検査は受けましょうね」とのアドバイスをいただきました。もうわたしは立派な中年ですし、子どもいますからねぇ。働ける身体と心を維持するには、定期検査での早期発見、早期治療が大切です。

初診料と血液検査で2,500円くらい。内視鏡検査と分析、ピロリ菌検査で12,000円くらいでした。処方されたお薬代も含めると20,000円程度ですね。まぁ、良かった。四十路を前にして検査しておいて良かったです。毎年の健保の健康診断では血液検査も悪い数値は肝機能くらいなので、なーんのスポーツもしてないし、デスクワークだし、飲食も気を使ってないので、思い他上出来な身体です。あ、5年前に脳と心はやられましたが…

とりあえずはよかった!

結局、要因は何だったのか?!

医者曰く「油もの、カフェインやアルコールなどがは避けたいですね~、刺激物も。消化器に負担をかけるので。あとはお仕事などのストレスで胃酸が多くなるので気をつけてください」。

いや、要因はぜったい後者だよ。120%、仕事のストレス。間違いない。最近は暴飲暴食しないし、わたし。コーヒー中毒でもないし、お腹壊すから辛い刺激物ほとんど食べないし。ぜったい仕事のストレス。労災を申請したいくらい。マジで。

もともと胃腸は弱いほうなので、油ものはなるべく避けたほうがよさそうですね。中医学を学んでいる友人曰く、冷たいものも良くないらしいので、常温や温かいものを摂取することに心がけようと思います。もちろん、極端な思考でいきなり切り替えるのではなく、できる範囲で気づいたらでOKとします。(ちなみに、わたしの配下で仕事している夏の東京より暑いエリア出身の中国人達は飲み会で氷無しのサワーとかを頼んでいるので、中国では冷たいものは身体に悪影響という認識が普通にあるみたいです。キンキンに冷えたビールは付き合いで1杯くらいだもん、彼ら彼女ら)

やっぱり最後の問題は仕事だよなぁ。非人道的な残業時間とか夜勤シフトとか、拘束時間が長すぎるわけでは無いんだけど、上流工程システム屋って人間様とのやり取りがほとんどを占める頭脳労働、感情労働だからストレスは不可避なんですよね。自社のお偉方とか、様々なベンダーさんとか。コミュニケーションパスが多すぎるし、さばかないといけない仕事も多い。思考と判断と責任を取ることの繰り返しですからね。割り切って胃が痛くなったら頓服薬や市販薬でしのぐとします。

心身ともに健康が最重要な年代になりました

改めて思うのは、心身の健康が第一だということ。心を壊せば働けなくて収入が途絶えてしまいます。身体をこわせば、ただでさえ弱っている身体に手術や投薬などの負担をかけることになります。健康で、心が朗らかで、いくらかの収入があって、家族と過ごせることが何よりも大切です。

今年は健保の健康診断で人間ドッグあるので、身体の健康状態を再点検できる良い機会。ある程度の健康体を維持しつつ、42歳の厄年には何も起こらない平穏な歳にしたいものです。ここ数年は心にダメージ受けて社会参加がままならなかったので、こころから心身の健康を願います。それを維持するには身体を気遣って行動するコト。飲食をはじめとした不摂生を控えるコト。静養をしっかりとるコト。

ちょっとくらいのムリやダメージは、しっかり回復させる静養も大切だと感じる今日この頃です。だからムスメよ、パパはぐーたらしたくてゴロゴロしてるんじゃなくて、健康を維持するための静養なのだよ。わたしが働けなくなったらママの給料だけじゃ生活できんからな!