TwitterやLINEのアカウントを消去したら散髪の後の頭の涼しさのような爽快感

TwitterやLINEのアカウントを消去したら散髪の後の頭の涼しさのような爽快感

「逃げるは恥だが役に立つ」を仕事でも積極的に実践している みかん(@GuyTangerine)です。余計な打ち合わせ出るとタスク(宿題事項)が降ってくるので、体調悪けりゃ休むに限ります。体調悪いと思考も判断も鈍るので、タスクを丸々請け負っちゃうこともありますし。責任感なんて放り投げて休みましょう。だって、組織ですから。サラリーマンの特権です。つかね、然るべき職位(=お給料)の人が、然るべき責任を持ってやって頂かないと割に合いませんからねぇ。

Twitterに続いてLINEもアカウント削除しちゃったよ

昨今の「絆」や「繋がり」の社会ですが、SNSってもうツマンなくて、めんどくさくて。オジサンになったからなのかなぁ。まずは第一弾でTwitterのアカウントを削除しました。フォロワー2,500人くらいいたんですけど、もう、非アクティブユーザーばかりなっているようなので削除。またイチから地道に再開してます。タイムラインが平和~。時間の流れが穏やか~。詳しくはこちらの記事を。

 

Twitterのつぶやき、止めることにしたよ!さようなら、サイコーの暇つぶしSNS「Twitter」よ

んで、年明けたら、さすがに3年以上使用しているiPhone6sの動きが調子悪くなってきて。初期化でもしてストレージをクリーンにしようかなーって。早くに目覚めちゃったので、ポケーっとした頭の状態でやったもんだから、なんかLINEアプリの復旧がうまくいかずに…「もう、いい!消す!」ってアカウント削除しちゃった…。半分以上は事故っぽい流れなんですけどね…。まぁちょうどいいので断捨離第二弾とします。

電話帳から二度の連絡しない登録者をお掃除

しかたないのでLINEは、イチからアカウント作成しようとしたんですけど、そういえば、電話帳と同期するとまた分けわからん繋がりが残っちゃうので電話帳をお掃除。こんなんを消していきました。

・前職や前々職の上司や同僚、部下
・飲み会で連絡先交換した記憶にない人
・潰れたお店の予約受付電番
・二度と行かない美容院

ビジネスは人間同士のネットワークだってよく聞きますが、過去の人間関係なんてまったくビジネスになんて活きたことないですし。溜まったログは消すに限りますよね。大学時代の友人やお世話になった人、親族以外は消去消去。職場の同僚も、必要があれば社内メールで聞けばいいし、とりあえず削除。それにしても、これ誰よ?!って人たちもいて。

そのうえでのLINEアカウント作成。おー!スッキリ!
し過ぎた…

LINEアカウント削除から再作成で困ったことが…

LINEはインフラだってよく言われてたけど、あながち間違いじゃなくて。パパ友とか身近な同僚とは電話番号なんて交換してないから、やっぱり不便…。身近な同僚に簡単な仕事の問い合わせや、パパ友への連絡が出来ないのも不便なものだなぁと。スッキリ感とやっちまった感は7:3くらいかなぁ。とりあえずfacebookメッセンジャーあるからなんとかなるか。

そもそもLINEなんか止めちゃって、カカオトークやWeChatでも良かったんですが妻に「私はいいけど、ほかの人はカカオトークとかWeChatとか使ってなくない?!」って至極まっとうなご意見があってLINEを引き続き使います。

んで、一番困ったのが格安SIMにしてからのLINE新アカウントは「年齢認証」が出来ない!!!つまり、ID検索が出来ない!(私も出来ないし、向こうからも私は見えない…)格安SIMのdocomo網を使っているんですが、年齢認証がdocomoのdアカウントかLINEモバイルのアカウントでしか認証手段がない。いろいろ調べたけど、やっぱり認証手段は無いらしい。

まぁ、もう、コンパ的な飲み会も無いし、女の子にも聞いたりしないからいいんですけど…。スタンプとかも買うことないですし。ぶつぶつ…。パパ友ママ友はfacebookのメッセンジャーあるし、また飲んだ時にでもLINEを交換するか。QRコードか ふるふる で。(で、アイキャッチの写真は中国重慶でデジタルサイネージに映っていた丸型QRコードらしきもの)そうそう、わたし、酔っぱらうといろんな人にLINEとかメールを送っちゃうクセがあって。寂しがり屋のかまってちゃんだから。40歳なのに、超迷惑なガキ…。だから、やっぱ、余計な連絡先は消して正解だな。

 

てなことで、とりあえず、TwitterとLINEは断捨離できました。次は何を断捨離しようかな。facebookはほとんどブログの記事のアップとinstagramの写真をあげているだけなんだけど、なんとなくアカウントを消すのは寂しいのでしばらく考えます。災害時のコミュニケーションツールにもなりそうだし。あと、事後談としては、結構、知り合いとかから「どうしたの?」とか「アカウント消したん?」や「スマホ、Androidにかえました?」みたいな連絡があってちょっぴり嬉しかったり。かまってちゃんだから。これから、SNSは何をもたらしてくれるのか、SNSで何が出来るのか、ちょっと考えてみようかなと思いました。では、また。



 

生活雑観カテゴリの最新記事