現金払いは本当にクソなのか?!クレジットカードの統計データから考えてみよう!

金融でシステムのお世話をしている みかん(@tangerine_buddy)です。現金使っている奴はクソ、預金通帳に記帳する奴はクソって煽るイキリインフルエンサーがいますが、あながち間違っていないくらいに日本のキャッシュレス化は進んでいません。

2020年の東京五輪をメドにキャッシュレス化を一気に進めたい経産省の思惑とは裏腹に、まだまだ現金主義者が多いようです。わたしはケースバイケースで使い分ければいいじゃんって考えなんですが、現金は(金融機関側に)コストがかかるのは明白です。

さて、今回は比較的古くからあるクレジットカードの、ここ十年のデータをおさらいしてみましょう。

スポンサーリンク

クレジットカードでのショッピングは2割いかない

内閣府のデータですが、こんな感じです。最終消費支出に占めるクレジットカードショッピングの割合です。

2005年の最終消費支出は約300兆円でクレジットカード決済が占める割合は「約9%です。2015年の最終消費支出も約300兆円でクレジットカード決済の占める割合は「約17%です。この10年間で二倍くらい増えたみたいですね。Suicaなどの電子マネーも台頭してきているので、そこそこの伸びかなって思います。

一番の驚きは10年前と最終消費支出の額が同じことですよ。不景気とデフレ真っただ中の時代と同じくらいしか消費していないんですよね…。まだまだお財布の紐は固いようです。社会保険料負担は増える一方だし、おそらく年金も70歳以上まで出ないし、消費税は上がるし、そりゃ消費は進みませんな。

クレジットカードのメリットとは?

クレジットカードのメリットは消費者よりもお店(加盟店など)側にあると思うのですよ。紙幣や小銭を管理するのって結構なコストですから。あと、お客様がカードを切れば1ヵ月後には口座に売り上げのお金が入ってくるんですよ。家賃とかマンション管理費をクレジットカード支払いにしないのはもったいないなって思います。滞納や夜逃げのリスクあるのに口振オンリーとか考えられない…。もちろん手数料は取られますが、保証金くらいに思っていればペイできる範囲だと思います。店舗だと決済端末導入のイニシャルコストがかかりますが、家賃支払いとか管理費支払いに決済端末はいらないですからね。

消費者側のメリットは、現金を持ち歩かないで済む、ネットショッピングで買い物ができる、くらいかな。あとは微々たるポイント還元。なので、わたしは年会費無料のカードしか持っていません。旅によく行ってた頃はANAカードのマイルや付帯保険の安心感にお世話になりましたが、今は遠出もしないので。

庶民の現金主義は本当にクソなのか?

現金決済でもキャッシュレス決済でも、どちらかに大きなメリットがなければ従前のやり方を踏襲するのが人間というものです。わざわざ手間をかけたくないでしょうし。なので、現金派が大勢を占めるのはしかたないかなって思います。ただ、金融機関側、特に銀行はそろそろ現金取り扱いから足を洗いたいのが本音です。

高機能なATMや店舗の維持費、人件費、警備輸送費などのランニングコストがべらぼうにかかりますから。銀行が嫌いな人は、どんどん現金を使っていきましょう(笑)

ちなみに2015年のクレジットカード業界全体での不正利用は約120億円です。仮想通貨取引所のコインチェック社が不正に抜き出された仮想通貨の評価額が約500億ですから、いかにこの仮想通貨取引所のセキュリティー感覚がボンクラだったのかがお分かりかと。クレジットカードの不正利用は、基本、全額保証してくれますからね。そりゃ金融庁もオカンムリになりますよ。あ、話がズレた。

ビックリしたデータは、ネットショッピングでの支払いについて、代金引換を選択する割合が30%くらいで、コンビニ決済する割合が25%くらいというデータですね。経産省のデータですが、配送運転手やコンビニのバイトさんに負荷かけるなよーって思いました。代金引換なんて使う人いるんですね…。

おススメのクレジットカードの使い方は?

最後におススメのクレジットカードのアフィリエイトを貼り付けるのがブロガーでしょうが、おススメは人それぞれです。楽天をよく使う人は楽天カードを使ってポイント還元を活かせば良いし、出張でANAをよく使うならANAカードでマイルを貯めれば良いですし。ステータスを求めるならアメックスのゴールドやブラックも良いでしょう。わたしは年会費がバカバカしいという考え&毎日JRを使うのでSuica機能付きVIWEカード(定期券)を使ってます。チャージが便利なので。ポイントはルミネ商品券がダントツに還元率が良いです。

あと、経験則でおススメする方法は、「VISA」マークがあるクレジットカードと「JCB」マークのあるクレジットを1枚づつ持っていれば国内も海外もカバーできるので、この2枚持ちが良いと思います。

大切なのは、2枚のクレジットカードは別々の場所に持っておく。片方の1枚を忘れたり紛失したときに、もう1枚で決済対応できるからです。わたしは財布に1枚、定期券入れに1枚ですね。財布はカバンで、定期券入れはポケットなので両方使えなくなる確率を低くしてます。

現金決済の維持は高コストなので、いずれは消費者に手数料的に跳ね返ってくると思うので自然に廃れると思います。核による世界大戦や全世界規模の大災害で情報通信や情報システムが破滅的に破壊されない限り。あと、リボ払いやカードローンは利息が高いからおススメしません。個人的には、ボーナス払いもおススメしませんねぇ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。