心理・うつ

2/3ページ

『つかれた…』そんな日もある。うつ病ならよくある。。。

  • 2015.09.04

『つかれた…』 昨日の夜、夕食後にドッと疲れがきた。 翌朝、案の定、頭の鈍痛と倦怠感。 無気力に支配される心。 なぜ、このタイミングに疲れがくるのか。 会社に欠勤の連絡をして、まどろみながら14時まで寝ていた。 今日は起きることが出来なかった。 襲ってくる鉛色の雲と、自分だけの黒い世界 うつ病とは本当に厄介だ。 家を出られず、仕事を欠勤す […]

うつ病から復職してリハビリ中の私が朝と夕方に必ずやっていること

  • 2015.06.15

復職して2カ月目。まさに「闘病中」というコトバがピッタリです。体調や気分に波があり、不安と闘いながら、日々のタスクをこなしています。誰も助けてはくれません。自分の心は自分で守る。そんなボクが朝と夕方に欠かさずやっていることを紹介します。  

うつ症状の心境や気持ちって知ってますか?!現在進行形でうつ症状のボクがそれを書いてみます。

  • 2015.04.15

うつ症状になるとどんな気持ちか。抑うつ症状ってどんな感じか。今感じている症状をうまく表現できないのですが、こんな感じかなと文章に残しておこうと思います。もちろんここで書いただけじゃないんだけど、文章にできるところは残しておこう。

書評【はじめての認知療法 大野裕 著】薬だけに頼らないうつ病の治し方。こころのクセを知って変えよう!

  • 2015.03.16

不安障害による抑うつ症状、2回目なので長いお付き合いになりそうです。性格や気質は変えられません。精神科医も産業医も保健師さんもそう言ってました。では、このまま生きづらい人生を送るのか?!そうはさせない!認知行動療法、認知療法というアプローチもあるようなので、まずは第一人者の著書で勉強してみましょう。

書評【うつ病の現在 講談社現代新書】近年のうつ病に関する動きを1冊で知ることが出来る良書

  • 2015.03.02

近年のうつ病の動向や治療方法、抗うつ剤の種類、現代型うつ病(非定型うつ病)と従来型うつ病、双極性障害など、近年のトピックがつまってます。新聞社の記者が丁寧に取材したものですので、文章も読みやすい。うつ病の動向知るにはもってこいの1冊だと思いますよ。

【不安障害】復職後に再発!再休職で注意したい健康保険の傷病手当金のルール

  • 2015.02.27

病気やケガで働けない期間は手当金が一定期間出る。会社務めで健康保険に入っている人は、この国のセーフティーネットに救われる対象者だ。穴だらけのセーフティーネットだし、そもそも、セーフティーネットの対象でない労働者もたくさんいるというのがこの国の現状らしい。幸い、ボクはセーフティーネットの対象だったのだが、実は手当金がもう出ないらしい。

【不安障害】「まずは身体(心)が回復してから」、「クビかどうかは会社が決めるこった」という言葉

  • 2015.02.26

やっぱりヨメと子どもの次に頭に浮かぶのは実家の親兄弟だ。クリニックに行った翌日、身体の不調とまた会社を休まないといけないことを実家に話にいった。土曜日は弟に、日曜日は親父と母に。不思議なもので、実家に話しても悲壮感は無かった。

【不安障害】人生初めて休職をした2年前のこと。

  • 2015.02.26

2年前、ボクはボランティアにでも行こうかと思ってヨメに話したら、泣きながら怒られた。「あんた、人のこと考えている場合じゃないでしょ!」今考えれば当たり前だ。でも、そのときは、シゴトから離れてる期間は何かをしてないといけないんじゃいかという強迫感に襲われていた。