ケチケチ家庭が厳選しておススメできる家電・サービスをご紹介!コスパ良し間違いなし【前編3選】

ケチケチ家庭が厳選しておススメできる家電・サービスをご紹介!コスパ良し間違いなし【前編3選】

もうお正月気分がすっかり抜けてしまった みかん(@GuyTangerine)です。明日から仕事でして、マジメな会社ですので18時までしっかり働かされます…。さて、ケチケチ家計の我が家ですが、必要なものには当然お金を使います。もちろん、常に支出を減らすことも考えていまが。そんな我が家が太鼓判を押す、昨年、買ったものや新しく加入したサービスをご紹介します。マジで損はさせません(笑)ぜひ2019年の家計改善や利便性向上の参考にしてくだされ。ちなみに好きでケチケチしているんでなく、精神疾患での休職やらを経験したので、ケチケチになってしまったのですよね。人間、いつ満足に働けなくなるか分かりませんし。

ルンバで掃除を自動化してしまえ!フローリングも畳もピカピカ

まず第一弾はルンバですね。もう、このルンバは手放せません。だって、外出するときにスイッチを入れて掃除したいエリア(お部屋)に置いておけばキレーイに掃除してくれます。くまなく掃除を終えたら自動で電源オフしてお留守番。めっちゃ便利。家事の自動化はどんどん推進したほうが良いですねー。特に、共働き世帯はマストです。食洗器とルンバは必須ですね。あとは乾燥機付きのドラム式洗濯機があれば完ぺき。

ルンバは高いイメージですが、エントリーモデルの3万円台のもので十分です。日本の家屋なんて狭いですし、フローリングや畳がほとんどなのでエントリーモデルの吸引力と機能で十分すぎます。スマホで走行したエリアを確認できる機能はフラッグシップモデルしかありませんが、別に走行ログなんていりませんよね…掃除してくれえばOK。あと、アメリカメーカーなので、フラッグシップモデルはアメリカ家屋向けですよ。超広いし絨毯もある豪邸用。

ルンバは買って損しません!これは断言できます。詳しくはこちらの記事を。

 

自宅掃除はルンバ640シリーズ3万円台&Makitaコードレス掃除機1万円台で完ぺき!吸引力も満足です

高いところや階段などは、日本製Makitaのコードレス掃除機がおススメ。コンパクトで軽量。メンテナンスが楽ちんな安心の紙パック。ルンバとMakitaの黄金のツートップで掃除は快適に楽ちんになりますよ。ダイソン1台買うなら、そのお金でルンバのエントリーモデルとMakitaコードレス掃除機を買うことをお勧めします。ダイソンとか、オーバースペックで無駄に高いだけですよ。メンテナンスも手間みたいだし。必要十分な性能があればよいんです。どうも日本人はスペック重視する傾向があるので、ほんとにここまで機能や性能が必要?って考え方をもって生活しましょう。オーバースペックはコストを上げてしまいますから。

amazonでは、ルンバとMakitaの掃除機を合わせても4万円程度ですよ!
ぜひ、覗いてみてください↓

 

マウスコンピューターで高性能・サポート安心なコスパ最高ノートパソコン

もう7年以上も東芝のノートPCを使っていたのですが、大きさも厚ぼったいし、起動や動きもかなり遅くなってきてストレス満載だったのです。そして何よりもハードディスク500GBはパンパンで、そもそも耐用年数を過ぎている…。ハードディスクはおおむね5年が耐用年数の消耗品なのですよね。資産管理のエクセルを更新したり、Gmailを使ったりするだけで時間がかかるので、しびれを切らして新しいPCを探したのです。条件はこんな感じ。

・OSやアプリはSSD(フラッシュ)
・最低限のMicrosoft Officeが付属
・写真は動画の保存に1TBの容量
・3Dゲームや動画閲覧は重視しない

ハードディスクの遅さには辟易していたので、せめてOSやアプリの部分はSSD(フラッシュメモリ)にしたかったですし、妻が仕事用にワードやエクセルを使うのでOfficeは付属が望ましい。カメラやビデオで撮影した写真や動画の保存に1TBは欲しいなぁと。ただ、ゲームや動画はそんな必要としていません。さすがに1TB以上のSSDは値段がべらぼうに高くなるので、マウスコンピューターのBTOでカスタマイズ。

・OSとアプリ部分は250GBのSSD
・写真や動画の保存は1TBのハードディスク



というカスタマイズにしました。これがもう、すっごく快適で。一瞬でOSやアプリが起動するのでストレスフリー。こんな快適なPC、初めてかも。SSDってすげー。ちょっと高いけど。それでもこの性能でOfficeが付属して11万~12万円くらいでした。ちなみに、7年くらい使っていた東芝のノートPCも11万円くらいだったような。隔世の感がありますな。まさかSSDを私用PCで使う時代になるとは…。それもこの安さで。母艦のノートPCが1TBの保存容量で、バックアップ用の外付けHDDが500GBあるし、今はクラウドの保存サービスがゴマンとあるので、容量オーバーも心配ありません。あと、重要なのはサポートの充実性。マウスコンピューターは24時間いろいろなチャンネルでサポートを受けているので安心です。レスポンスも早くて的確。安心です。

一度、サイト上で見積もりしてみるのをおススメします。大手メーカーのPCを家電量販店で買うより、同スペックなら3割程度安いと思いますよ!余計なアプリも入っていないし。見積もりは↓



格安SIMと光回線はBIGLOBEにして固定費大幅削減!

ソフトバンクの月額の高さと、WiMAX2+の遅さ&不安定さに我慢の限界に達しましたね…。そして、固定費が高くつく。固定費の削減は利益アップの定石です。あんまり削減をやりすぎるとみじめな生活になりますが、あまり機能や利便性を落とさずに安価にできるなら変更したいもの。

パパ携帯代+ママ携帯代+WiMAX2+=月額固定通信費
7,500円+8,000円+4,980=20,480円

めっちゃ高くないすか?!この固定費。なおソフトバンクは月5GBの通信容量。不便なうえにこの高さに不満爆発して、携帯回線もインターネット回線も一気にBIGLOBEに切り替えました。ちょうど大手キャリアの2年縛りの更新時期だったのでバッサリと切り替え。違約金払っても特損計上も覚悟のうえで切り替えするつもりでしたが。

パパ携帯代+ママ携帯代+光回線=月額固定通信費
2,000円+3,000円+4,980円=9,980円

約半額に抑えました。回線も光にして安定の高速。スマホは3GBのプランです。光回線は3年縛りでしたが、その分、工事費が無料で、1年後くらいに25,000円が現金でキャッシュバックされます。モバイル環境は変化が著しいですが、光回線はある程度中期的には安定しているので3年縛りも受容いたしました。月1万円の固定費削減は、月1万円の収入アップと同義ですからね。可処分所得が年間で12万円アップ。このご時世、毎年大幅に昇給する時代でもありませんのでかなりのお得感です。マウスコンピューターと同じく、サポートも丁寧で充実。レスポンスも早いです。安心。

今なら音声+SMS・データの3GBプランが半年1,000円程度です。割引キャンペーン中。BIGLOBEは「エンタメフリー」というオプションが月額数百円であるので、YouTubeやamazon musicが通信容量にカウントされないという嬉しいサービスもあります!







では、一旦、これまで。前編では3つの商品やサービスをご紹介しました!後編もお楽しみに!ケチケチ家庭が厳選したものしかありませんので、安心して導入していただければ(笑)後編は2つか3つくらいご紹介できれば、と。

書評・レビューカテゴリの最新記事