レトロな光景にうっとり!善光寺の参道と宿坊街は、しっとりとした写真となりました。

善光寺3

長野は善光寺に行ってまいりました!
参道や宿坊街はしっとりとした光景で、写真撮りたい!という気持ちが奮い立ちます。

歴史ある街並みは、横道や脇道に視線をやるのが楽しいですよね。
レトロな光景や、何気ない建物がすごく新鮮に目に入ってきます。

善光寺あたりの、うっとり&しっとりな写真をご紹介です。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

善光寺は国宝!でっかい門と本堂にびっくり。

善光寺はなんと国宝なんです。
長野駅から、バスで10分程度。150円です。

もともと無宗派のお寺さんだったようです。
いまは、天台宗と浄土宗が護持しているようです。
懐の広い善光寺は、江戸時代は一生に一度は善光寺詣でと言われたくらいでした。
また、女人禁制のお寺が多い中、女人救済もするお寺でした。

北陸新幹線開業を控えて大規模工事中の長野駅前から1時間に4本くらいの巡回バスに乗ります。
10分ほどで善光寺の参道の手前にバス停です。
そこから、参道の雰囲気を楽しみながら徒歩で10分くらいで善光寺の本堂です。

まずは、門の大きさに驚きました!
鳩字の額です。

善光寺1

門も本堂もとってもビッグサイズ!
さすが、国宝。境内も広くて、いたるところに石塔が。
植えられた緑の木々も美しい境内です。

本堂の裏手には、一揆をして処刑された農民たちを供養する塔がありました。
苔むした塔は、このお寺が昔から庶民や農民の信仰を集めていた証拠です。

善光寺2

境内の緑も美しい。
国宝の本堂も荘厳ですが、このような小さな苔むした塔もステキです。
しっとりとした空気の中、気持ちもしっとり。

宿坊街や参道は被写体の宝庫でした!

参道の脇道には宿坊街です。
こちらもしっとりした雰囲気。

今回は安宿ですが、いつかは宿坊に泊まりたいものです。
(お酒、実は飲めるらしいし!)

善光寺3

○○院という名前は天台宗の宿坊のようです。
エリアによって、浄土宗の宿坊と天台宗の宿坊が集まっています。

メインの参道より、脇道の宿坊のほうが落ち着いた雰囲気でした。
(メイン通り宿坊は大手旅行代理店のツアーのお客様とか多そうでした)

さて、10月も半ばにあると「新そば」の時期です。
戸隠は、まだ新そばでは無かったですが、善光寺平はすでに新そばをアピール。
職人がせっせとそば打ちをしていました。

善光寺4

長野駅から善光寺までの参道は緩やかな坂道になっています。
お店の建てつけも大変でしょうね(笑)

ボクは戸隠で蕎麦を頂きました。
これは、追って記事にアップします。

参道には、アールデコ調のレトロな建物があります。
大正時代に造られた、藤屋本陣です。

善光寺5

今は、宿泊業を休業して、ウェディングやレストランに注力しているようです。
こんな老舗のところでウェディング挙げるなんて素敵だな。
ボクが長野生まれなら、ここで挙げたいって思うと思います。

カフェも併設です。
レトロながらも、キリっと気品があります。

善光寺6

曇り一つないガラス。
ホコリひとつない花瓶。

当主や女将さん、そして従業員さんの気遣いが伺われますね。
ぜひ、末永く、善光寺の門前でお客様をおもてなし続けて欲しいものです。

関連ランキング:イタリアン | 善光寺下駅権堂駅

時間は夕暮れになりました。

善光寺7

さて、今日の安宿に向かいますか。
安宿のお部屋はこんな感じ。記事をご参照くださいませ。

iPhoneのパノラマ撮影が大活躍!旅の記憶が楽しく迫力満点に残せる活用術。 | フォト*さいころ
長野で素泊まりした安宿お部屋写真あり!

ここまでは、すべてPENTAX K-7で撮りました。

iPhone5sで撮ってinstagramで加工した写真もイイ!

もちろん、iPhone5sでも写真を撮りました。
instagramで加工してシェアです。
苔むした塔を、LINEで奥さんや友達に送ったり。

写真 2014-10-04 16 55 33

なかなか、雰囲気ありますね。
iPhoneとinstagramってホント便利だよなぁ。
けっこう、雰囲気伝わるし。

横道には蔵がありました。
歴史ある街の横道や脇道は被写体の宝庫です。 

写真 2014-10-04 17 18 13

しっかりLED電球でした(笑)
白熱球のほうが雰囲気あるけど、現実的にはLEDですよね。
環境にも良いし、光熱費節約だし。

そしてそして、自分的な大事件はこれ。
10年ぶりぐらいにおみくじをやってみたら「凶」でした。。。

写真 2014-10-06 11 51 33

産まれて初めての「凶」。
長野の善光寺まできて「凶」。
ちょっとショックだけど、あとは運気が上がるのみ!
ですよね。

戒めに、お財布に入れております。このおみくじ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。