[PHOTO]次の休みは「やいまの島々」に旅しませんか。的な写真を紹介していく vol.1【空港・石垣島 編】

スカイマーク

この前の夏休みは八重山の島旅を楽しんだ みかん(@tangerine)です。

旅する中で撮影した写真をご紹介します。
この写真たちを眺めて、やいま(八重山)の島に旅したいなーって、
思っていただけたら、とっても嬉しいです。

ちなみに八重山諸島とは石垣島や西表島の周辺の島々で、
そのエリアには竹富島や黒島、波照間島、小浜島などあります。

スポンサーリンク

使用したカメラは相棒のPENTAX K-7。
レンズは、こちらも相棒のDA35mmF2.8 Macro Limitedです。
K-7は、もう、数世代前のデジタル一眼レフとなってしまいました。

画像処理エンジンが古く、常用ISOは400までくらい。
ISO1600になるとちょとキツイ。最新世代はISO6400でも常用可能だもんなぁ。

それでは、どうぞ。

スカイマーク

スカイマークはボーイング社のボーイング737-800をメイン機材としている。
ボーイング社の機材の中では、エアバス社の機体の顔にどことなく似ている。
737と聞くと、数世代前の型番のようだが、実際は777よりも最新技術が導入されているもの。
見た目は中古カローラだが、ナビは最新で自動ブレーキも積んだハイブリッドカーのようなもの。

LCCは運賃が安いのと引き替えに、乗機まではバスに乗って、階段を昇る。
そのぶん、機体を間近で眺めることができる。海外の空港ってだいたいこんなもん。
旅してる感が出て、好き。

RAC

那覇空港や石垣島の空港は、離島へのハブ空港の色合いが濃い。

小さなプロペラ機が、離島航路を支えている。まさに、島民の足。

ボクはといえば、離島へはもっぱら連絡船やフェリー、高速船で上陸。
小さなプロペラ機で、小さな島の小さな滑走路に滑り込むのも体験してみたい。

石垣島

石垣島の中心部でも、赤瓦の民家はまだまだ健在。
赤瓦に、くすんだ土色の柱や壁、緑の生垣。このコントラストが沖縄の家屋。
赤瓦の上には守り神「シーサー」が鎮座している家が多いです。
こんな光景を目にして、やっと沖縄や八重山に来たぞって思う。
実は、海とかって二の次の風景。海はモルディブでも美しいが、
この家屋の光景は、沖縄や八重山だけだから。

それにしても、日差しが強い。でも、空気はカラっと軽い。

夕方、もう、そこそこ時間が経ってもギラギラしている太陽。
そのエネルギーを分けて欲しいくらい。

さよこのサーターアンダギー

「さよこのサーターアンダギー」
「地元でも美味しいと評判らしい」とガイドブックに載っていた。ほんとか!?
小麦粉と砂糖と油という超高カロリーなお菓子。
南国で生きていくには、そのくらいのカロリーは必要ってことなのか。

具材を混ぜて丸めて揚げました的な丸型ドーナッツです。
ちんすこうより、地元密着なお菓子のような気がする。

石垣島ハイビスカス

何気ない工事中の歩道。それでも画になる。

台風一過だと、花という花は散って、木も飛ばされてしまう。
ハイビスカスが平和に雌しべと雄しべを晒しているってことは、台風はしばらく来てないね。

この後、今年は、何度も台風が日本列島を襲うのであった。
このハイビスカスは、元気にしているかな。

石垣島居酒屋

ふらっと入ってみた石垣島の居酒屋。
炭火焼鳥がウリ。酒は、ビールと冷酒と泡盛、以上。
ビールだって、オリオンじゃなくてキリンってところがトンがってる。
労働から解放されたオジサンたちの背中を眺めつつ、泡盛をやる。

観光客に媚びたメニューはねーよ!的な純居酒屋メニュー。
内地の沖縄居酒屋で置いてある沖縄メニューはほとんど無し。

地元の人の居酒屋なんてそんなもんでいいのかもしれない。
(食べログでは口コミ無しなので、誰か書いてあげてー。美味しかったよ)

ちなみに、さよこのサーターアンダギーは美味しいらしい。
食べログにもあったよ、情報が。

関連ランキング:スイーツ(その他) | 石垣市

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。