隅田川花火大会を地べたで楽しんで夏到来!おススメ眺望スポットや下町風情もご紹介

隅田川花火大会に子どもと初めて行った みかん(@tangerine_buddy)です。

かつては今の妻と浴衣着て毎年行ってたんですが、
子どもが出来たり子どもが風邪ひいたりで数年お休みしてました。

今年は、何としてでも花火見たい!ということで行ってきました。
いっつも場所取りしているエリアもご紹介。下町風情も楽しみましょう。


スポンサーリンク

隅田川花火大会は水戸街道で見るべし!

隅田川花火大会の醍醐味は都市部で上がる花火です。
そして、周辺エリアは交通規制がしかれるので、レジャーシートを敷いて地べたで楽しむことができるのです。

特におススメなのが水戸街道です。
18時からの交通規制後にレジャーシートを敷くのです。
向島3丁目、向島2丁目の信号機あたりです。

ビルやマンションに少し隠れちゃいますが、迫力満点

この辺のエリアは下町風情が残っており、地元の居酒屋や惣菜屋、精肉店などが競って飲み物やおつまみを売っています。

東武曳舟駅から、水戸街道に出て、浅草に向かって歩いていきましょう。地元の人がガムテープで取っているあたりの近くは確実に花火が見えますよ(笑)

ボクは、毎年、下町風情を楽しむのも目的です。

4~5年ぶりの隅田川花火大会!

高校生の頃から毎年観ていた隅田川花火大会。

子どもが産まれてから、子どもの風邪などで数年見られなかったので今年は念願の再訪です。水戸街道をぷらぷら歩きながら、精肉店でオツマミを調達。

IMGP8016
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

居酒屋さんやスーパー、お惣菜屋さんなどなど、地元のお店が盛り立てます。ここぞとばかり看板娘を投入して店先で売っていますから、華やかで楽しいですよね。

お酒は保冷バックに入れてきたのですが、やっぱり一口目は生ビール。
そして、オツマミも調達。

IMGP8034
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

枝豆に唐揚げに焼豚です。
ビールはスーパードライ。
こーゆー夏のイベントではスーパードライもあり!

みんな浴衣着てるし、お祭り気分。
娘も、いつ始まるの?!ってハイテンション。

IMGP8058
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

水戸街道からはスカイツリーも眺められます。
新しい下町のランドマークなんだなーと感慨深いですね。

さて、18:30には花火大会やるぞー!の花火があがります。
風の流れを確認して、場所を移動するのもあり。

開始は19時。

IMGP8055
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

信号は交通規制で消えてます。
マンションですこし欠けた大輪の花。
オツですね。
写真は手持ち撮影なのでご勘弁。

大音響がたまりません。
ビールがすすみます。

「たーまやー」、「かーぎやー」なんて掛け声は聞こえないけど、時折、拍手喝采となります。このゆるい一体感も好きです。けっこう、みんな品が良くて、下町のガラの悪い方々はどこで見ているのでしょうか。

IMGP8064
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

ボクが一番好きで、粋だと思う「柳」。
シンプルで、パラパラパラって音が好きです。
写真は手持ちなので、ほんとご勘弁を。

娘は、そろそろ限界のご様子。
音が怖いらしい(笑)
想定内なので、30分くらいで撤収の準備。

下町風情を楽しんで、いつもの場所で観られたし、満足。

IMGP8048
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

ステキな髪留めをした黒髪浴衣女子。
さすがに子連れだと浴衣着れないので、羨ましい。
昔は妻と浴衣着て花火大会を楽しんだものです。

さて、30分くらいで帰りますか。
下町風情も味わったし。ビールも旨かった。

IMGP8079
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

まだまだ昭和の光景が広がるエリア。
そんな風情を楽しみながら、花火を眺める。
隅田川花火大会の楽しみかたは、それにつきます。

花火大会終わったら、地元の居酒屋に入ってみるのもおススメですよ。みんな陽気に迎え入れてくれます。脇道でも、公園でも、地元人が座り込んで楽しむ花火大会。そんな粋な光景を眺められるステキな花火大会です。

次回(来週)は江戸川の花火大会!
こちらは、マンションバルコニーから小さいのを眺めます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。