「朝露が 光る菜の花 春うらら」なんて俳句を作っちゃう、ほんわかマクロ写真を撮った!(作例:PENTAX DA35mmF2.8 Macro Limited)

春ですね。朝露がキラキラ光る朝は美しい光景です。そんな光景をマクロレンズでズズズイッと寄って撮ってきました。単焦点マクロレンズを絞り開放で撮った写真は、ホンワカゆるゆるな写真になるので大好きなんです。春を表現するにはもってこい。キリッと絞った写真もいいけど、ゆるゆる写真も良いですよ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

朝露がキラキラ光る光景は幻想的

両親の菜園で朝を迎える。
太陽が昇る前はまだまだ寒いけど。
昇ってくるとポカポカ。
朝露がキラキラと輝きだす。

寝ていた虫も起きだして。
こそこそと活動を始める朝。

当たり前のようでかけがえのない1日。
日常のようで、同じ光景は1度しかない。
自然は雄大で、不思議で。

そんなことを思いながら写真を撮りました。

IMGP9670

コロコロ真ん丸な朝露はまだ蒸発してません。
この暖かい太陽だと、すぐに蒸発しちゃいそう。
そんな一瞬のキラキラ。

IMGP9667

ミツバチは、まだ寝ぼけまなこ。

近づいても、気づきません。
大きな複眼は閉じているのかな。

もう少し、寝ててもいいよ。

IMGP9662-001

菜の花のつぼみには小さな朝露。

冬は霜になっちゃうし、夏はすぐに蒸発しちゃう。
春だけの一瞬です。

冬の霜の写真はこの記事をどうぞ。

霜がつくりだす真っ白な世界に光が差しこんできた朝。(PENTAX DA35mmF2.8 Macro Limited) | フォト*さいころ
冬の霜の世界の写真はコチラ!

IMGP9660

コチラのミツバチ君はもう働いてます。
羽根が透明でキレイです。
そんなに無理して働くことないよ。
働きものだな。

ボクだって、こうやって休んでいるし。

IMGP9684

タンポポは今まさに種を飛ばそうというところ。
今日は幸か不幸か風が無いので少しお待ちを。
風が無いので、この写真を撮れました。感謝。

春はフワフワ。ほんわか。

IMGP9679

青い空を滲むように表現できるのが絞り開放。
太陽が昇ってきて、花々が上を向き始めました。

おはよう、世界。
おはよう、菜の花。

IMGP9678

こちらもほんわかふんわり。
男らしくないかな、こんな写真は。
好きなんだよな、ふんわり写真。
PENTAXのレンズは柔らかいから。

IMGP9655

こちらのつぼみは今日咲くのかな。
暖かそうだから、めいっぱい伸びをして。
そして、花を広げてミツバチにごあいさつしてね。

伸びは気持ちいいいよ。うーんって。

デジタル一眼レフやミラーレス一眼を買ったら、マクロレンズを用意するのをおススメしますよ。これ、何度も言ってます。写真がすっごく楽しくなります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。