ハートアイランド「黒島」は石垣島から高速船で30分!シュノーケリングと散策で癒される日帰り島旅でした。

リゾートな島より静かな島が好きな @tangerineです。

石垣島から高速船でたった30分の癒し島「黒島」。
とっても静かな島なんです。牛を放牧しており牧歌的だし。

シュノーケリングや散策、ウミガメ研究所などなど見どころも良い感じ。
のんびり過ごすにはおススメですよ。楽しむポイントも!



安栄観光の高速船で30分!日帰りもOK!

石垣島の離島ターミナルから高速船で30分という近さ。
どのあたりある島かというと、こちらをどうぞ。


大きな地図で見る

石垣島と西表島の間に浮かんでいる島です。
竹富島より、西表島に寄っていますね。

便数も多く、日帰りでエンジョイも可能です。
ボクらも今回は日帰りです。朝行って、夕方前に帰ってくる感じ。

安栄観光では1日6便、往復運賃2,150円で運行しております。

安栄観光 – 運航案内 | 石垣島ー黒島航路
安栄観光は1日6便で黒島まで30分

離島ターミナルは6~7年まえにリニューアルして広くてキレイです。
いろいろな島々を巡るなら3日間フリーパスのような切符もあるのでおススメ。
(ここらへんの離島めぐりのポイントは別記事でご紹介しようと思います!)

さて、離島ターミナル桟橋から黒島を目指せ!

IMGP5986

高速船は、ガンガン飛ばします。時速60キロは出てるらしい。
船外のベンチだと、音も大きいし、波を受けると結構揺れます。

ただ、船内は比較的静か。

グリーンの海がキレイ!
目の前に見えるのは竹富島です。
ちなみに、竹富島は石垣島から高速船で10分。近い。

IMGP5997

黒島到着!まずはレンタル自転車を借りるべし!

黒島到着したら、まずはレンタル自転車を借りましょう。
シュノーケリングできる海岸や集落まで徒歩だと30分くらいかかります。
高速船を運営している会社や、島の民宿がやっているレンタル自転車があります。

港の裏手にあるので、ご安心を。予約不要。

小さい子どもには、子ども乗せ自転車もあります。
おそらく台数に限りがあるので、ご注意を。

どこも、1時間200円、1日1,000円くらいです。
ボクらは半日だったので時間単価で申し込みしましたー。

IMGP6005

黒島牛をは放牧しており、サトウキビ畑の道というより牧草地の道を進みます。
これがなかなか牧歌的でグッド。のんびりサイクリングでシュノーケリングできる海岸へ。

静かな仲本海岸でシュノーケリングを楽しむ!

仲本海岸という静かで小さなビーチがあります。
シュノーケリングを楽しめるので、ぜひ行ってみてください。

トイレとシャワーの設備もありますし、オンシーズンはお店もあります。
シュノーケリングの道具やパラソルがレンタル可能。あと、マリンブーツも。
ライフジャケットは無料で貸してくれるのでとてもありがたい。

シュノーケリングや海遊びにライフジャケットは必須です!

仲本海岸(黒島)3

サンゴ礁の死がいで形成されたビーチは真っ白!
青い空と、青い海とのコントラストがとってもキレイ!

パラソルを借りて、妻と娘っこはお砂遊び。
海はやっぱり怖いみたい。

仲本海岸(黒島)1

海水も結構な透明度。
グラデーションがキレイー。

サンゴ礁の死がいなのでゴツゴツしてます。
マリンブーツは必須ですね。

amazonで1,000円くらいで売ってますし、レンタルもあります。
石垣島の離島ターミナルでも売ってますよ。

仲本海岸(黒島)2

防水デジカメで水中を撮影。
水中は若干の濁りあり。去年の慶良間のほうが美しかったかな。

でも、静かでこじんまりとしたビーチなので雰囲気はこっちのほうも好き。

黒島シュノーケリング

ライフジャケットで浮きながら沖合をパシャリ。
海も空も広いなぁ。

今回、活躍した防水デジカメはこちら。

[PHOTO]防水デジカメFinePix XP60(富士フイルム)の多機能に驚いた!水中撮影とフルHD動画撮影も出来る優れた島旅カメラです。 » フォト*さいころ | フォト*さいころ
黒島で大活躍の防止デジカメ!

黒島シュノーケリング2

数回泳いで、大満喫!
そろそろお昼です。陸に戻りましょう。

レンタサイクルで散策しながら黒島研究所へ!

昔ながらの石垣や家が並んでいて、旅情溢れますね。
島旅の醍醐味は、こんな風景を眺めること。

それぞれの生活や文化が、まだまだ残っているんです。

IMGP6020

仲本海岸から自転車で数分の黒島研究所へ。

ここではウミガメの研究をしているのです。
水槽にウミガメさんたちがいっぱいいたりします。

研究への賛同ということで、見学料は200円。

黒島研究所

産まれて初めて見たかも、こんな近くでウミガメ。
水槽で泳いでいるウミガメの子どもや、外のスペースで泳いでいる大人のウミガメや。

シュノーケリングやダイビングしているときにウミガメと出会えたら感動もんだろうなー。

黒島のウミガメ

お昼ご飯の八重山そばは別記事でご紹介するとして、
こんな感じでシュノーケリングや散策をのんびり楽しめるのが黒島です。

石垣島から日帰りで行けるし、家族連れにはおススメの島。
帰りは高速船の船上でオリオンビールをプシュっと。

IMGP6051

夕方前に石垣島に帰ってきて、、、この後、
ボクだけ竹富島へプチ一人旅に行くのでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。