都立小金井公園で春の花々を撮った!PENTAX DA 50mm F1.8で淡く表現してみた。

花粉に春を感じている みかん(@tangerine_buddy)です。

嫁さんの妹夫婦と、うちの家族で都立小金井公園でお花見。
もちろん、PENTAX K-7にDA 50mm F1.8を持ってきました。

柔らかな描写は春の淡い色の花々にピッタリ!
桜や菜の花を眺めてきました!撮影もしてきたよ。


スポンサーリンク

都立小金井公園の桜は4分咲

小金井は、結婚当初に住んでいたエリアです。嫁さん妹の旦那さんも学生時代は小金井にゆかりがあったらしく、今年のお花見は小金井公園でやりました。(唯一、嫁さんの妹だけ無関係)

新宿御苑や外濠の桜は、8分咲程度でお花見日和だったのですか、小金井公園は4分咲程度。ちょっと遅めですね、咲き具合が。もちろん、ボクは「花より団子」派なので気分よくビールを飲めればOK!

人混みが大嫌いなので、のどかな小金井公園でのんびり。

DA 50mm F1.8で春の花々を撮る!

柔らかな描写のレンズで春の花々を撮ってみました。
淡い色に、柔らかなレンズの描写がよく合います。

まずは、菜の花。
早春の花ですね。

IMGP7225
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

思い切って絞りを開放にしてみました。
ホワーッとした優しい写りです。

ボケがうるさくないので、被写体の花がイイ感じ。
ググッと寄ってみました。

次は、少し引き気味な構図を撮ってみました。
同じく絞り開放。

IMGP7230
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

おなじ絞り開放なのに、ちょっとボケがうるさい感じ。
写真って、同じ絞り開放でも全然違う写りをするんですね。

ミツバチさんが頑張って働いていたのでパシャリ。

ミツバチが動き回るのでピントはマニュアルです。
フォーカスリングを操っての撮影。
オジサン世代は、あんまり違和感ありません。

お花見のメイン、桜を撮ってみましょう!
と言っても、望遠レンズも無いので、意外と「これだ!」という構図がなくてあんまり撮れませんでした。桜って、ほんとに難しい被写体なんですよねぇ。

IMGP7207
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

咲きかけの、満開に近づく桜です。
もう、こうなったら絞り開放で撮り続けてやれって感じです。

家族連れが多いのでとっても良い雰囲気。
大人数のうるさいグループがいると興ざめしちゃう性格なので。

嫁さんと小金井に住んでた頃の話をするも、どの思い出もケンカの思い出が嫁さんの口から出てきます…。出会ってまだ時間がそんなに経ってないし、いっつもケンカしていたようですね。ごめんなさい。

桜(ソメイヨシノ)から、しだれ桜へ。
ひがん桜って言うのかな、濃いピンクの桜です。

IMGP7223
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

花の色って不思議ですね。
淡い色もあれば、濃い色もある。
どんな意味があるのでしょうか。

ボクはどちらかというと淡い色が好きかな。
好みもそれぞれですね。

帰り道、玉川上水に沿って歩きます。
鬱蒼としていた木々が伐採され、スッキリしてました。
小さな神社にしだれ桜が。

IMGP7242
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

F9くらいまで絞り込んでの遠景。
もうちょっとキリっとしてほしいなぁ。

というより、ピントが甘いような気がする。
結局、マニュアルフォーカスが一番信頼できるのかなぁ。
うーん。

使いこなすには、まだまだ勉強ですね。
同じカメラを、もう4~5く年らい使っているのにー。
レンズでぜんぜん違うー。

IMGP7239
PENTAX K-7(DA50mm F1.8)

最後は小さな神社としだれ桜。
春ですね。プチ旅ですね。

ほろ酔いで、駅まで30分くらい歩いて身も心もスッキリ。
最後は東小金井名物の油そばを食べて、瓶ビール飲んで解散。

お付き合い頂いた嫁さんの妹ご夫妻には感謝です。
次はゴールデンウィークあたりに遊びましょう。
娘っこも大喜びするので。

今回の課題は「このレンズを絞り込んで使いこなすこと!」です。
絞り開放は、まぁ、それなりに写りそうなので。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。