鉄道や旅が好きなら絶対行くべし!芸術の2014年秋のおすすめ写真展&展示会。

永平寺口駅(えちぜん鉄道)

芸術の2014年秋です!鉄道好きが絶対楽しめる写真展と展示会を見つけました。
鉄道と旅と写真が大好きなボクも絶対に行ってみたいと思います。

一つ目は、鉄道写真家の写真展。
もう一つは、かつての国鉄のポスター展です。

どちらも鉄道で旅に出たくなること請け合いですよ!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

『乗ろう!撮ろう!大鉄道展』鉄道写真家 中井精也

レイルマン中井精也さんの写真展が無料でやってます!
六本木の富士フィルムスクウェアで開催中。

中井精也さんは、車体だけにフォーカスした写真だけでなく、鉄道全般を被写体にして「ゆるゆる」でステキな写真を撮る写真家です。

ゆる~い空気感を持った写真は、鉄道やそれに関わる全てが大好きな気持ちが伝わります。
鉄道に興味が無い人でも、旅や写真が好きな人にはぜひ見て欲しい写真展です。
近くには国立新美術館やサントリー美術館もあり芸術の秋を満喫できますよ。

場所:六本木 富士フィルムスクウェア(東京ミッドタウン)
最寄駅:六本木駅
時間:10:00~19:00
期間:9月12日~10月1日
休日:期間中無休
料金:無料

こちらが、写真展のサイトです。
ぜひ、ご参照くださいませ。

鉄道写真家中井精也プロデュース フジフイルムスクエア企画写真展 『乗ろう!撮ろう!大鉄道展』 | 写真展・ フジフイルムスクエア(FUJIFILM SQUARE)
必見!『乗ろう!撮ろう!大鉄道展』のご案内です。

中井精也さんは、毎日1枚ブログにて写真を公開しています。
その名も「1日1鉄」というブログ。
こちらも、ぜひ見てみてくださいな。

レイルマン中井の1日1鉄!
「ゆるゆる」で「きっれきれ」の鉄道写真がイッパイ!

 ディスカバー、ディスカバー ジャパン『遠く』へ行きたい

ディスカバージャパンとは国鉄が大々的に行ったキャンペーンです。
万国博覧会が終わった翌年の1970年のキャンペーンです。
万博後の輸送需要の掘り起しが目的でした。

女性のみんな!旅に行こうぜ!日本を!的なキャンペーンは様々なポスターや広告を生み出しました。

女性がターゲットなのでどれもキャッチー。
でも、どことなく懐かしさがあるものが多いです。

旅に出たくなること間違いなしの展示会。
写真やデザイン、キャッチコピーの勉強にもなりそうです。
なにせ、電通さんが手がけたキャンペーンですから。

場所:東京ステーションギャラリー
最寄駅:東京駅直結
時間:10:00~18:00(金曜20:00まで)
期間:9月13日~11月9日
料金:大人900円 大学生高校生700円 小中学生500円

東京駅直結なので、東京観光のついでや出張のついでにもおススメです。
900円と、ちょっと値が張りますが、その分、価値は高いです。

広告やデザインなどが好きな人にもおススメです。

東京ステーションギャラリー – TOKYO STATION GALLERY –
写真やデザイン、キャッチコピーが秀逸です!

ボクは「青春18きっぷ」のポスターの写真やキャッチコピーが大好きなので、鉄道にからんだポスターや写真には興味津々です。こちらの展示会も、ぜひ行ってみようと思います。

芸術の秋。
肩肘張らずに、好きな分野のものを見てみましょう。
無料の写真展とか、けっこうやってますよ!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。