精神疾患(うつ病)から復職した人たちが実践している再発防止のテクニック【職場編】

懐(お財布)も髪の毛も寒々しい みかん(@tangerine_buddy)です。M字ハゲがのっぴきならない状況になりまして、もうほとんど坊主頭です。先日、同じような精神疾患から社会復帰した仲間と語らう時間がありました。利害関係のない馴染みのメンバーの姿を見てホッコリ。相変わらずみんな変わらずにホッコリ。

社会復帰、つまり、復職して再び働き始めた人たちとの語らいの場だったのですが、みんな同じような悩みというか不安を抱えていました。わたしも同様でした。

スポンサーリンク

仕事が増えてきたときにどう制御するか!?

復職したてだと時短勤務だったり、仕事の制限があったりして何とかこなしていけるのですが、いつかは通常モードになります。産業医から「通常勤務OK」という太鼓判を頂いてしまう時期がくるのですよね。乗り切っている自分にうれしい反面、仕事が増えてしまったときに、また病状を再発させてしまわないかという不安があります。

同じような心配を抱えている人たちも多く、メインの話題になりました。

「仕事が定時内に収まらない」

「仕事量アップしたときの対処」

「自分だけゆったりモードはマズい」

「ペース配分が分からない」

「自分で仕事を探してしまっている」

などの話題が挙がりました。

基本的には頑張り屋さんで真面目な人たち

いわゆる「うつ病」になる人は中高年が多いのです。性格的には、頑張り屋で真面目、他人のことまで気にしてしまうなどの傾向があります。自分本位になれない優しい人が多いのです。非定型うつ病(新型うつ病)は、あまり性格的な傾向は無いのですが、古典的な「うつ病」だと自分1人で抱え込んで頑張って頑張って病気になってしまった人が多いのです。

なので、復職するとまた頑張ってしまうのです。周りに迷惑をかけられないと頑張ってしまう。早く周りに追いつきたいと頑張ってしまう。いかにこの思考を抑えるかが再発予防のカギとなります。

精神科曰く「ちゃらんぽらんでテキトーな人間は、うつ病になりません」

臨床心理士曰く「うつ病にならないような人たちは『バカ』なんですよ。うらやましいくらいの『バカ』。みんなも『バカ』になっちゃいましょう」

今までヨシとされた「頑張る姿勢」、「優しい性格」、「真面目な仕事」などを捨てて生き延びなければなりません。いろいろなアイデアや実践法を聴くことができました。

精神疾患から復職した人たちが実践している方法

まずは心構えから聞きました。

「業績評価は低いぞ。ボーナスはダウンだ。心構えをしておきましょう」

頭では分かっていても、実際に評価としてお給料やボーナスという金額に出てくると、やはりショックを受けるようです。その性格傾向から高評価を受けていた人が多い印象で、評価ダウンは心にグサッとくるんですね。

ひどい超過勤務状態や、パワーハラスメント上司という会社組織の闇で発病したのに、やりきれないですね。管理職から外されたのに、職位は管理職クラスで評価が大幅ダウンした人の話は、ヒドイなぁって思いました。

「自分で仕事を探さない」

新人の時に教わりませんでしたか?「仕事は受け身じゃダメだ!」って。その真逆を実践しないと生き延びることができません。早く追いつきたい、仕事量が少ないと周りに迷惑などからくる気持ちで自分で仕事を探してしまう人も多いようです。

これ、絶対ダメです。言われたらやるくらいで良いのです。そもそも仕事を真面目にきっちりやる性格の人が多いので、自ら負荷を増やすことは再発に直結です。

「私は今、○○をしています。ここまでなら受けます」

仕事はすべて受けないこと。今、自分が取り掛かっている仕事を伝えて、ここまでなら出来ますという提案型で仕事を受けることが重要なようです。全部受けていたら心と身体が持ちません。もちろん伝え方は丁寧に謙譲スタイルで。頭下げるだけで仕事から逃げられるなら、いくらで頭下げましょうよ。

「何において焦らないコト」

早く終わらせなきゃ、早く報告しないと。そんな焦りは禁物です。焦りはミスを頻発させ評価をもっと下げます。焦りは心の負担も大きいので、これも再発に直結です。焦らない、焦らない、焦らないと唱えて深呼吸して、スピードは求めない。スピード感を求められる競争社会ですが、ここは諦めましょう。

「キャパシティの60%~70%でキャッチする」

できるだけキャパシティオーバーの閾値は低く設定しましょう。何度も言うように、もとは真面目でデキる人が多いのです。すぐにキャパシティの90%くらいはいってしまいます。なるべく早めにキャッチして是正することが大切なようです。ツールとしてはセルフモニタリングですね。睡眠や気力、体調、疲れ具合などを毎日記録しておくと早めにキャッチできますね。

このような感じで約2時間、先輩方のアイデアや心もちを教わりました。なかなか実践するのは難しいのですが、再発させないためには幾つか諦めることも必要でしょう。わたしは出世や昇給は諦めました…。

冬枯れの光景が美しかった!

久しぶりに訪れた学び舎。というより、修行の地。もう、12月も中旬をむかえて冬枯れですね。都心オフィス街の喧騒とは打って変わった光景に癒されました。

馴染みの仲間と和やかにファミレスでランチ会!

一緒に悩んで苦しんだ仲間とランチ会。みんな、それぞれ働いて社会参加しているようでした。半年入院したあとに一緒に修行した仲間や、3~4年自宅静養していた後に一緒に修行した仲間など、とりあえずは笑顔で話せて良かった。寒かったのでバーミヤンでラーメン。

よし、わたしも「頑張らない!を頑張るぞ!」と再確認できました。

妻とムスメがケーキをサプライズで買ってくれてた!

ちょうど、わたしが社会復帰して節目のタイミングだったので、妻とムスメがケーキをサプライズで用意してくれてました。今のところ、無遅刻無欠勤無早退で働いているのでお疲れさま会です。やっぱりお家と家族が一番だなぁ。ムスメたちはギャーギャーうるさいけど(笑)


妻はママ友メンバーの飲み会があったらしいのですが、最近、年末で飲み会が多くて自粛したみたいです。ささやかに自宅で乾杯。あー、月曜から会社行きたくないけど、意欲が無くてもとりあえず出社して淡々と今は事務処理でも進めようっと。

経済活動は、精神科医の言う「ちゃらんぽらん」な人たちや、臨床心理士の言う「おバカ」な人たちに頑張ってもらいましょう~。では、また。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。