他人の評価なんて勝手だから気にするな!ジョハリの窓と自己理解・自分軸で生きやすくなる方法

他人の評価を気にしすぎて振る舞ってしまう みかん(@tangerine_buddy)です。マジメな人やうつ病になってしまった人は他者の評価をとても気にする人が多いのではないでしょうか。

しっかりしたい、評価を上げたい、周りに馴染みたい、同世代に負けたくないなどなど。そんな他人の評価軸で生きていると難儀ですよ。疲れてしまいます。ということで今回は他人の評価なんて勝手であてにならないってことをご紹介します。

スポンサーリンク

他人はあなたのごく一部で勝手に評価します

他人とは勝手なもので、あなたのごく一部の言動で全人格を決めつけてしまうものです。100人の他人がいれば、あなたの評価は100通りもあるのです。そんな勝手な他人の評価に振り回されるのは疲れてしまいます。マジメな人やうつ病になってしまう人たちは、そのマジメさや頑張り屋さんの傾向で疲れてしまうことが多いのです。

下の鉢植えの朝顔を見てみてください。これがあなただと仮定します。他人はどうやって見ているのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

色とりどりの花を咲かせたキレイな鉢植えの朝顔ですね。他人って、あなたの全体像を見ていると思いますか?こたえは簡単。まったく全体像なんて見えてません。こんな風に見えてます。もっと言うと、こんな風に一部しか見えていません。

Aさん:大きく咲いているお花が華やかだな
Bさん:まだまだつぼみの状態だな
Cさん:小さな花だけどキレイだな
Dさん:葉っぱが緑で夏だな
Eさん:鉢植えが少し小さいな
Fさん:土が干からびているな
Gさん:アブラムシがワサワサ住み着いてるな

などですね。花を見ている人もいれば、葉っぱを見ている人がいる。ある人は大きな花だなって評価する人もいれば、他の人は鉢植えが小さいなって評価する人もいます。全体像なんて見えていなくて、ごく一部の特性で判断しています。

不思議ですね。勝手ですね。もしかしたら、あなた自身も自分の全体像が見えていないのかもしれません。いくら頑張って周りから高い評価を受けようとして考え行動しても、結局、他人はごく一部のところしか見えません。すべての人に良く思われようなんて、とてもナンセンスだと思いませんか?!

考え方はこのような感じです。もっと分かりやすいように、実際にわたしがどのように見えているかご紹介しますね。

実際のわたしの評価を見てみましょう!

とある長期間の研修で自分はどのように見られているか、評価されているかを実際に書いてもらうプログラムがありました。そこそこコミュニケーションをしている人や、まったくコミュニケーションをしてない人などの混成グループを作って自分の評価を他人に書いてもらうのです。わたしはこんな感じでした。

・明るくて外交的な人
・好奇心が旺盛な感じがする
・1人の空間が好きなんて意外
・他人の領域に入ってしまいそう
・自分を使い分けて疲れてしまいそう
・気遣いが上手だけど、それで疲れてしまいそう
・ナイーブ(神経質)な印象
・性格で裏表が無さそう

なかなか良い評価ですね~。(もちろん、研修なので赤の他人ですから悪いことは書かないでしょうが…)でも、ちょっと待って!「自分を使い分けてそう」と「性格で裏表が無さそう」って対局な印象ではないですかっ?!勝手だなぁ。

あとは「○○で良いけど、疲れてしまいそう」という印象もチラホラ。それもそのはず、わたしは他者の評価軸に依存していたので、周りの評価が良くなるように振る舞っていたのです。それになんとなく気づいた人は「疲れてしまいそう」っていう印象なのでしょう。

実際のわたしは根暗でお布団の中が一番大好きです。1人空間が1番!プレゼンや外交的に振る舞うことは出来るけど、とてもムリしてしまうので疲れやすいです…。なので他者評価を意識しすぎて一見、良い印象が挙がったのですね。

他人の評価に依存するのは疲れるだけ!

このように、他人はわたしの様々なごく一面しか見えていないのです。たぶん、職場や友人も同様だと思います。他人の評価に依存して振る舞っていてはいつまでたっても理想の自分に近づけません。そもそも、理想の自分像なんてものが他人評価に依存している証拠です。

まずは、自分を理解して、自然体で生きていくのが良いと感じました。もちろん、それが出来ていれば気苦労は無いのですが…。無理して良い自分にならないことが大切です。あるがままでいいのです。時には頑張ったり、自分を取り繕うこともあるでしょうが、それはそのとき限りにしましょう。通常モードは他人は気にしないを意識するのです。

他人の評価に依存しない生き方、つまり、自分を理解して自己肯定をして生きていくことが生きやすくなるのです。

「ジョハリの窓」と自分を開示する大切さ

心理学では「ジョハリの窓」という考え方があります。自分がどう自信を理解しているか、他人にはどのように映っているかをカテゴリに分けた考え方です。自己分析に使ったりするそうですよ。

1.開放の窓
自分も他人も分かっている公開された自己

2.盲点の窓
自分は気づいていないが他人から見られている自己

3.秘密の窓
自分は分かっているが他人は分からない隠された自己

4.未知の窓
自分も他人も知られていない自己

対人関係では「開放の窓」が適度に広いと円滑になると言われています。人は何を考えているか分からない人や、どう行動するか見通せない人に不安を抱きやすく、警戒した態度に傾きやすいのです。(心を開きにくい)また、自分を受け入れてくれる人とは付き合いやすいのです。自分を受け入れてもらうには適度な自己開示が必要です。気持ちや感情など。

「ジョハリの窓」の詳しい説明や実践方法はこちら↓をご参照ください!

ジョハリの窓とは?ジョハリの窓の自己分析のやり方と質問項目は?

自己理解を進めるためにマインドフルネス

人は、そもそも自分ってどんな特性があって、どんな時にどんな思考をするのか理解していないことが多いです。これでは、なかなか自分から心を開くのは難しいですね。そこで、以前紹介したマインドフルネスです。マインドフルネスの記事はこちら↓です。

Googleや米軍でも導入!マインドフルネス効果と臨床心理士が教える実践のコツ(うつ病予防にも)
瞑想がいつまでたっても上達しない みかん(@tangerine_buddy)です。今回は、マインドフルネスについてご紹介したいと思います。瞑想とはちょっと違って、コツさえおさえれば気軽に脳を<続く>

不安なとき、怖いとき、嬉しいとき、悲しいとき、怒っているとき、喜んでいるとき、感謝しているときなど、自分の感情をキャッチするためにマインドフルネスを実践してみましょう。自分の感情に気づいて、それは何が要因なのか把握するのです。それにより、このようなコトがあって、今はこんな感情なのだと理解が進みます。

これを何回も繰り返すと、自分の思考パターンや感情発露のパターンが把握できるでしょう。「今、ここ」で、自分に自覚的な自己に気づいて保つことが大切です。練習ですね!

マインドフルネスで自己理解を自身で深めることができますが、他者にお願いして自分の特性を教えてもらうのもアリです。実際に家族や友人、職場の人に自分の印象を書いてもらうのです。まず「自分で把握している自分の特性や個性、性格を箇条書きにします」。それを紹介したり見せたりして「あなたにとって私はどのような性格ですか?」と聞いてみましょう。自分で把握した通りの印象もあれば、まったく気づかなかった印象も出てくるでしょう。他者は一部しか見えてないことに気づくと思いますよ。

他人の評価に依存することは極力少なくして、自己肯定感を持って自然体で「すこやかに、ほがらかに」に生きていけるとよいですね。「すこやかに、ほがらかに」は、わたしが生きていく上での大きなテーマでもあります。それでは。ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。