突き抜ける青空を撮りながらInstagram(インスタグラム)の最大の功績を考える。

雨男だけど、やっぱり青空も大好きな みかん(@tangerine_buddy)です。今日は台風一過。チリや雲は台風に吹き飛ばされて午前中は真っ青な青空でした。雲ひとつない突き抜けるような青空。写真撮っちゃいますよね。

スポンサーリンク

iPhoneで撮る写真は簡単でキレイです!

ムスメと一緒に公営のプールに行ったので、一応、コンパクトデジカメは持って行ったのですが結局使ったのはiPhoneのカメラ。フットワークは超軽いし、細かい設定など気にせずにサクッと撮れるので重宝します。ケチったので16GBというところがネックですが…。

「また写真撮ってるー(呆れ)」というムスメの冷たい言葉を受けつつパシャッと撮りますよ。なかなか無いですよ、こんな突き抜けるような青空。暖かくなってくるとモヤってくるし雲が出てくるので午前中のうちに撮るのがイロハのイです。(ちなみに、青空の写真は、空気が澄んで湿気が少ない秋や冬に撮るとキレイに撮れます)

おっさん、Instagramにアップしたよ!

撮った写真はインスタにアップ。今日は、台風一過の青空の写真がいっぱいアップされていました。3連休の晴れた最終日を逃すか!って言わんばかりにカメラをぶら下げて出かけた人たちが多かったみたいですね。


インスタにアップすると画質が落ちるので粗めの写真になっちゃいますが、なかなか気持ちの良い写真が撮れました。インスタの最大の功績は「1:1(正方形・スクエア)」の画角をメジャーにしたことだ思う。iPhoneはインスタの隆盛によって、標準カメラ機能に正方形(スクエア)画角を盛り込みましたから。「いいね!」とか「インスタ映え」とかモリモリの「自撮り写真」とかはどうでも良いくらい小さなことです。エフェクトで色んな見せ方を簡単に出来るのは、中くらいのインパクトかな。用意されたフィルターを選ぶだけで簡単だから便利ですよね。ほんと、iPhoneとInstagramのコンビは最強ですね。
そういえば、インスタでマーケティングしようなんて本も出ているらしく…。ただの写真好きが写真をアップするだけのシンプルなSNSですよ~。

それでは、皆さまも、良き写真ライフをお楽しみくださいねー。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。