「夕焼けを眺めながら家族でご飯を食べる」神様はそういうルールを作ったはずだ。

IMGP0053

時短勤務のため夕焼けを自宅から眺めることができる時間に帰れているのです。毎日、夕焼けを眺めているんですが、日々違う光景、それこそ1秒1秒で違った表情なのですね。風鈴の音色を聞きながら眺める夕焼けはとても美しくて生きていることを実感できます。


スポンサーリンク


IMGP0053

スポンサーリンク

人間は夕焼けとともにご飯を食べる生き物だ

17時30分に帰宅できるので、体調が良い時は1時間くらいムスメと遊んで夜ご飯です。(体調が悪いと、すぐに横になって静養)ちょうど、夕焼けの時間帯に夜ご飯なんですよね。

人間って、本来、夕焼けを眺めながら夜ご飯を食べる生き物なんじゃないかって思うんですよ。この時間に働いてるのは、「生きるルール」に反しているんじゃないかなって。

家族そろって、1日の話をしたり、これからのことを話したりするうちに外は真っ暗になって明日の準備しつつ寝床につくのが神様が教えてくれた生き方のような気がするんです。

いきなり話がそれた。

IMGP0061

1秒1秒が違う表情の夕焼け

夕焼けは本当に美しいですね。
毎日違うし、1秒ごとに違う。

最近、毎日、夕焼けを撮ってます。

毎日写真を撮ると、風景をちゃんと見つめるので変化に敏感になります。普通のサラリーマンには難しいかもしれませんが、朝陽や夕焼けを毎日撮るのも楽しいかもしれないですね。

IMGP0064

真っ赤に染まった夕焼けは、明日が日本晴れな1日になるお知らせですね。明日も、普通に健康に、健全に、そんな1日でありますように。朝、起きられて、カイシャに通勤できて、仕事をこなせますように。鉛色の雲が襲ってきませんように。

よし、今日もしっかり眠ろう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。