数世代前のマイクロフォーサーズのミラーレス一眼のオートフォーカスが爆速!サブ機に超おススメ。

オリンパスPENシリーズのマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼を中古で購入したのですが(友人から)、3年半くらい前の数世代前の機種なのにオートフォーカスが爆速。今のデジカメってすごいねえ。ハイエンドクラスの最新機種とか、もうそりゃすごいんだろうなぁ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

数世代前のオリンパスPENライト

友人はオリンパスのOM-Dを買ったらしく(セレブめっ!うらやま!)、旧型のオリンパスPEN(E-PL3)が放置状態だったようです。その機種をストラップと標準ズーム付きで1万円で購入したので試し撮りしてみました。レンズはボクがSIGMAの単焦点を1万5千円で購入したもの。モノの詳細は、こちらの記事で紹介しますね。

まずは、試写をご覧くださいませ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

好感度でもノイズが少ないのがすごい。なかなか頑張るじゃないか、マイクロフォーサーズ。センサーが小さくても頑張ってます。

春霞の朝陽を撮ってみました。マイクロフォーサーズよりセンサーの大きいAPS-Cに比べると、ちょっと階調が少ない気がするのは気のせいかな。でも、充分許容範囲。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次は紫陽花の葉っぱに寄ってみましょう。このレンズは20cmまで寄れるとのこと。ちなみに焦点距離は19mmで、35mmフィルム換算で38mmの若干広角なレンズです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナチュラルなボケですね。発色は鮮やか。Canonのコンデジが使っているセンサーや画像処理エンジンに近いものを感じます。ちなみにレンズの絞り開放はF2.8

小さい被写体をマクロっぽく撮るのはさすがに厳しいか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鮮やかなうえに白トビを極力抑えるような画像処理エンジンのようです。これはなかなか万人受けしそうな絵作りですね。エントリーユーザーのハートをグッとわしづかみする絵作りだと思います。リコーは(PENTAXも含め)、もうちょい淡い感じです。

鮮やか!コンパクト!サブ機にピッタリ!

せっかくなので鮮やかなバラの花を接写。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鮮やかですね、発色。ボケもやっぱりナチュラル。白トビも少ない。なかなかですね。レンズ群の多さとコンパクトな設計も相まって、マイクロフォーサーズ機種はなかなか良いんではないでしょうか。ブログにアップや普通のプリントで楽しむアマチュアにはフルサイズ(APS-Cより大きなセンサー)なんてそこまで必要性ないですしね。

一応、遠景スナップも参考までに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

19mm(35mm換算で38mm)の単焦点はスナップショットに好都合な焦点距離です。今回は、単焦点を買ったのですが、マイクロフォーサーズはズームレンズがいいのかもしれません。ボディもレンズもコンパクトなので、ズームレンズも比較的コンパクト。

軽い、小さい、鮮やかな描写(オリンパスもパナも万人受けするよう鮮やかな画像処理エンジンのはず)、豊富なレンズ群。マイクロフォーサーズを採用しているオリンパスやパナソニックがカメラ量販店のブースを大きく占有しているのがわかった気がします。型落ちボディなら、2万円くらいで買えるので、サブ機としてはもってこい。

メインは一眼レフでサブ機はマイクロフォーサーズ。あとは手軽にスマホ。耐水などの特殊機能が無いと、もう、コンデジっていうカテゴリは消滅しそうですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。