単焦点レンズ購入!PENTAX DA50mm F1.8を自分への誕生日プレゼントに。ワクワク開封。

一眼レフはPENTAX一筋の みかん(@tangerine_buddy)です。

マニュアルレンズ焦点距離50mmで写真を撮っていたら、
オートフォーカスの50mmも欲しいなぁって思いまして。
(APS-Cサイズなので35mm換算で75mm程度の中望遠)

smc PENTAX DA50mm f1.8を中古で買っちゃいました!
2万円もしないけど、自分への誕生日プレゼントです。


スポンサーリンク

中野フジヤカメラでDA50mm F1.8を購入!

ボクは写真の勉強中だし、新品が良い!ってこだわりは無いので、カメラやレンズを中古で買うことに抵抗がありあせん。一度手に入れると使い込むことが多いので傷がついたりしちゃいます。なので、売却しても高く売れないことが多く、売ることはほとんどしません。だから、あんまり新品で購入するメリットがないのです~。

久しぶりに買った一眼レフ用レンズはコレ。
PENTAX DA50mm F1.8という単焦点レンズ。
2012年発売でデジタル一眼レフ用の新しい光学設計。
中野のフジヤカメラで中古美品16,800円。
amazonだと新品で19,000円くらいです。

カメラやレンズの中古品はちゃんとした流通スキームが構築されているので安心です。その中でも、中野のフジヤカメラは老舗中の老舗。大学の頃、初めて一眼レフ(フィルム)を買ったのもここです。PENTAXのフィルム一眼レフと標準ズームレンズでした。

さて、開封の儀。

早速、自宅で開封の儀!

6枚羽「絞り」機構にフジヤの「F」のロゴマーク。
レンズだけなんですけど、紙袋に入れてもらっちゃった。

久しぶりにウキウキの買い物帰り。
1人での買い物ってのも、楽しいものですね。うしし。

どれを買おうかずーっと悩んで、エイヤ!で買うドキドキと、買っちゃったよーっていうウキウキ感。どんな写りするかなーって不安半分のソワソワ感。カメラやレンズの買い物は、単価が安くとも真剣勝負なので楽しいものです。

フジヤカメラ袋
PENTAX K-7(DA35mmF2.8 Macro Limited)

「何、紙袋とか写真撮って、子どもね」的な妻や娘っこの視線を感じながらフジヤカメラの紙袋を眺めます。さーて、開けるぞー。(って言っても、袋に入っている現物は店内で試し撮りしているのですけどね)

フジヤカメラはとってもシンプル。

箱?レンズに必要なかろう。

ってことで、基本は余計な箱とかはありません
ブツそのものを流通させているのです。

DA50mmF1.8-1
PENTAX K-7(DA35mmF2.8 Macro Limited)

緩衝材のプチプチに巻かれております。
まるで、新生児の着ぐるみのよう。(中古品ですけどね)

余計な箱はありません。

保証は、フジヤカメラの半年保障書がつきます。
「すでにお分かりだと思いますけど」なんて店員さんが超簡単に説明を始めるので、「え、おれ、一見さんに見られなかった?やったぜー」なんて心の中で小躍りしたけど、みんなに言っていた(笑)

マットな黒い塗装とグリーンのリング

さて、プチプチをはがしていきます。
いや、脱がしていきますよ(失言)

DA50mmF1.8-2
PENTAX K-7(DA35mmF2.8 Macro Limited)

PENTAXのデジタル一眼レフ(APS-C)用レンズシリーズのDA。スマートなグリーンのリングが目印です。コストダウンのため外装はプラスチック製なのですが、マットな黒い塗装でそこそこ高級感。フォーカスリングはしっかり幅広で滑り止めのギザギザが入っています。

重量の軽さと、外装がバランスとれいている印象。

プラスチックに傷も無く、超美品です!

DA50mmF1.8-3
PENTAX K-7(DA35mmF2.8 Macro Limited)

開放f値がf1.8で明るいので、レンズ口径は大きいです。
存在感があります。

レンズ周りの装飾は一切なく、黒一色。
高級なレンズだと、レンズ周りに型番など彫られていますが、このレンズはコストダウンのために省かれているようですね。プラスチック製なのに、無骨な印象を与えます。

好き、このシンプルな標準レンズを主張するデザイン。

K-7_DA50mmF1.8
iPhone5s(instagram)

我が愛機PENTAX K-7に取り付けてみました。
さっすが、PENTAX同士。相性もばっちりです。

このシンプルな、ザ・一眼レフって姿に惚れ惚れ。

これでPENTAX K-7で使用するレンズは3本になりました。

・DA35mmF2.8 Macro Limited(マクロOK)
・DA50mmF1.8(今回購入!)
・PENTAX-M 50mmF1.7(35年前のマニュアルレンズ)

標準と中望遠とマニュアルが揃ったのでスナップには満足のラインナップかなーって思います。ぎっくり腰が治ったら、いっぱい写真撮るぞー!写真の構図やフレーミングって、すっごい腰を動かすのね…。

次回以降は、なんでこのレンズを選んだのか、とか、このレンズで撮った写真とかの記事をアップしていく予定ですので、ご期待ください。PENTAXユーザー必見。

■わたくしの撮った作例はこちらの記事で!!■
試し撮り!【PENTAX DA50mm F1.8】柔らかな優しい描写は、さすがPENTAX単焦点レンズ。

【PENTAX DA50mm F1.8】を【PENTAX K-7】に装着して試し撮りPart2!もっと撮って使いこなすぞ。

都立小金井公園で春の花々を撮った!PENTAX DA 50mm F1.8で淡く表現してみた。

町内会の盆踊りを撮ってきた!中望遠で明るいレンズが大活躍したよ。(作例:PENTAX DA50mmF1.8)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。