JAL工場見学~SKY MUSEUM~ド迫力!整備中の飛行機をKS-2で撮った

国内エアラインはANA派の みかん(@tangerine_buddy)です。先日、夏休みの上のムスメとJAL工場見学に行ってきました!ミュージアム(資料展示)に飛行機はなぜ飛ぶのか?という内容の飛行機教室、そしてメインの整備工場見学。もちろん私は愛機のPENTAX KS-2をぶら下げて写真を撮りまくり!とっても楽しかったので写真を紹介しますね。

スポンサーリンク

半年先まで予約がいっぱいのJAL工場見学とは?

JALの整備工場に隣接しているメンテナンスセンターで行っている整備工場の見学会です。間近に整備中の航空機が眺められるというオトナも狂喜乱舞するJALの見学会は、無料ということもあり超大人気のプラチナチケットのようです。もちろん写真撮影可能!(一部、撮影不可なエリアがあります)今回はママ友がチケットを取ってくれてお誘いをしてくれたのですよね。ありがたやー。さっそく、概要をまとめますね。

・予約は半年前の9:30から可能!(でも、すぐいっぱいに)
・なんと、無料!
・小学生以上から見学可能!(年齢確認があるので保険証など持参)
・資料展示ゾーン30分+航空教室30分+工場見学40分の100分!
・間近で見られる飛行機は当日までお楽しみ!
・滑走路に隣接でランディングする飛行機も大迫力!
・最寄りは東京モノレール「新整備場駅」!
・工場見学でしか手に入らないグッズもあるよ!

※詳しくはこちらの公式サイトをご確認ください「JAL工場見学~SKY MUSEUM~

トリップアドバイザーでは、なんと「4.5ポイント」というハイスコアでエクセレンス認証されているという国内屈指の人気を誇る工場見学なのです。無料ということもありますし、間近に飛行機を見ることができるので子どももオトナも楽しめます。写真撮影もできるのでパパも大喜びです。

コースは「資料展示」「航空教室」「工場見学」です

まずはJALの歴史や実際のコックピットを体験できる資料展示ゾーンです。だいたい30分くらいです。どでかいエンジンの羽(ブレード)も展示されていました。子どもに大人気なのがキャビンアテンダントの服装を着て写真が撮れるブースです。ムスメの凛々しい姿を写真に収めることができてパパ大満足。JALの歴史が分かる展示資料も勉強になりますね。でも破綻のことは詳しく書いてなかったなぁ…。

航空教室は座学形式でした。おそらくパイロットであったであろうダンディなおじさん(制服がまたカッコいいんだ)が分かりやすく説明してくれます。なぜ飛行機は飛ぶの?どのような高度を飛んでいるの?などなど夏休みの自由研究にもピッタリですね。うちは女の子だったので、まったく興味なさそうでしたが。私はとっても勉強になりました!どや顔でウンチク語れますね。これが30分くらい。飽きません(パパは)。

そしてメインイベントの整備工場見学です!これは40分たっぷり時間があって詳しい説明もしてくれます。間近で眺める飛行機はド迫力!いやー、写真が趣味で良かったー。運航状況により整備中の飛行機が変わるので、どの飛行機が整備されているかは当日までのお楽しみです。滑走路に隣接しているので空港のスケールの大きさにビックリしますし、ランディングする飛行機も眺められます。もちろんヘルメット着用です。立ち入ってはいけないエリアがあるので説明してくれる人の話をしっかり聞きましょう。

PENTAX K-S2で飛行機の写真を撮りまくったよ!

さて、ここからが本題です。写真、撮りまくりました!いやー、楽しかった。ムスメのことなどそっちのけでファインダー覗いてパシャパシャと。鉄道写真も好きだけど、飛行機の写真もいいですね~。

資料展示エリアではコックピットがあってムスメ達は大はしゃぎ。

ド迫力の飛行機。絶賛メンテナンス中です。

エンジンも分解してメンテナンスしているのですね。

整備員さんが作業をしています。整備工場では3交代制で24時間365日メンテナンスを行っているそうです。ちょうど遅番の整備員の人たちが始業でラジオ体操していました。大変なお仕事ですね。ちょっとしたミスが人命にかかわる重責です。

整備中の飛行機はボーイング767という機体でした。ユニーク(固有の)の機番があって、この機体は「JA656J」です。この機体はボーイング767-300シリーズという機種で、詳しい形式は「ボーイング767-346/ER」というものらしいです。航続距離は1万キロを超え、座席数は300席を超える機種です。「JA656J」は2011年8月に登録された機体とのこと。なお、ボーイング767の生産数は1000機を超えるようです。

京浜工業地帯を背景に滑走路に隣接しています。もちろん、滑走路には侵入厳禁です。空港って、すっごい広いんだなーって実感できますよ。

ちょっとブレ気味のソラシドエア。ピントが背景に合っちゃったかしら。駄作ですね。

まさに着陸寸前のANAの機体です。迫力満点。JALの赤もビビットでカッコいいけど、私はANAのブルーのラインが好きだな。クレジットカードもANAカードだし。レンズキットの望遠レンズ持ってて良かったー。

最後は、ドドドンと正面からです。美しいですね。

整備工場は天井は高いし、だだっ広いしすごいです。滑走路もすっごくだだっ広い。遠目に見える京浜工業地帯の工場群が背景なのも美しい。ほんとに行く価値アリですよ!みなさま。今回はママ友パパ友に感謝です!では、このへんで。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。