NOKTON classic 40mm F1.4で日常を撮ってみた(オリンパスPEN Lite E-PL3を使用)

NOKTON classic 40mm F1.4

マニュアルフォーカスだと、なんでこんなに懐かしい写りをするんだろう。オリンパスPEN Lite E-PL3は数年前の旧型機種とはいえ、まだまだ現役で使える機種。やっぱり、このレンズが、懐かしい写りを作り上げてくれるのだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NOKTON classic 40mm F1.4でムスメを撮る

リンパスPEN Lite E-PL3Kernel ライカMマウントレンズ-マイクロフォーサーズマウントアダプターアダプターを介して、NOKTON classic 40mm F1.4を付けてとりました。こってりとした画像処理エンジンに、懐かしい写りを作り出すレンズ。マニュアルフォーカスなので、ピントは微妙にずれる。そんな撮り方をすると、まるでボクが赤子の時に撮ってもらった写真のような雰囲気を醸し出す。(カメラとアダプターとレンズの構成はこちらの記事を参照してくださいませ)

NOKTON classic 40mm F1.4

NOKTON classic 40mm F1.4

フィルム時代なら、コニカのカメラに、コダックのフィルム。なんとなくそんな感じの写り。これ、あくまでも直観。

NOKTON classic 40mm F1.4

NOKTON classic 40mm F1.4

静物と妹を抱っこするお姉ちゃんを撮ってみたよ

室内の静物がどんな感じに写るか撮ってみました。良く撮れてるものですね。レンズを変えるだけでこんなに雰囲気が違うなんて、ほんと写真って面白い。

NOKTON classic 40mm F1.4

NOKTON classic 40mm F1.4

お姉ちゃんは生後2週間の妹を抱っこ。超ドキドキ。親もハラハラ。言いつけ通り、頭をしっかり抱えております。

NOKTON classic 40mm F1.4

NOKTON classic 40mm F1.4

こうやってマニュアルフォーカスのレンズで写真を撮っていると、やっぱりファインダーを覗きたくなるので、マイクロフォーサーズのオリンパスOM-Dとか欲しくなる。電子ビューファインダーがキレイなカメラで撮りたくなる。あー、欲しいー。

写真って本当に面白い。
デジタル化したけど、その分、いろんな楽しみ方ができる。今回は、デジタルカメラにマニュアルフォーカスのレンズを付けて楽しむ写真でした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。