通勤電車で泣いたよコレ…【コウノドリ(モーニングKC)】主人公の産科医のコトバで本当の父になった気がする

母乳以外は何でもやるよ?! みかん(@tangerine_buddy)です。

イクメンが死語になって久しいです。パパの保育園送り迎えも普通です。
産後ケアもパパが協力しないとね的なNPOもあったりして。

でもさ、実はさ、妊娠と出産ってまだまだ無知じゃない?
そんな無知なボクに衝撃を与え本当の父に一歩近づいたステキな漫画をご紹介。


スポンサーリンク

産科医が主人公のマンガです!

産科医「鴻鳥(こうのとり)サクラ」はジャズピアニストでもあります。
ベイビーという名でピアニストをしています。

出産は、医療行為でないので保険は適用されません。
保険料を払っていれば、健保から45万円手当が支給されますが一般的な産科医にかかる費用は60万円~70万円もするのではないでしょうか。そんな命の誕生の場ですが、母体には大変なリスクとなります。年間、50人以上が亡くなり、子どもに至っては出産の前後で数千人が亡くなっています。

そんな、奇跡の現場。命の誕生と、命を救う現場が舞台です。

様々なケースが題材となっています。

うちの娘っこが産まれてくるときは、「胎児仮死」で産まれてきました。
(コトバはコワイですが、酸素の供給が減った状態で産まれてきた)
出産の現場は、感動の生命の誕生というより、手術に近い場面でしたよ。

リスクを説明され陣痛促進剤に署名をして、妻んとこには酸素マスクが降ってきて、娘っこは吸盤で引っこ抜かれて。肺に血が混じった羊水が入っていたため産声は上げず、まずは肺の羊水抜いていました。

ずっと「パパだよー!パパだよー!」の連呼。

やっと落ち着いて産声あげて、妻の隣に寝かせた時はさすがに涙ぐみました。

そんなケースなんてカワイイって思えるくらい、妊娠と出産には大きなリスクがあるんだなぁって気づかされる様々なケースがストーリーの題材となっています。

そういえば、妊娠とか出産とか、まったく無知だった。
奇跡と危機の狭間にいる妊娠という数か月間と、それが極大値になる出産
2つの命が、この世とあの世の狭間にいるのです。

ボクみたいに、ほとんどのパパは無知だったと思います。

この漫画でそれが知れて涙を流して、父になったような気がします。
いろいろなケースにおいて奇跡と悲しみがあります。

いろんな人が関係してくるんだね!

家族、両親、助産婦、助産院、看護士、ソーシャルワーカー、麻酔医などなど、様々なケースに様々な人が関係してきます。とくに、ソーシャルワーカーが出てくるストーリー(DV夫の妻の出産)は妻の仕事にも通じるところがあり、よく取材しているなぁって思いました。

シリアスな内容な中に、助産婦さんのコマツさんが良いキャラ出してます(笑)
実際にいるんですよねー、ボクもちょっと思い当たるふしがあります。
こーゆー良いキャラのお姉さん(四十路近くね)。

緩急つけた描画やストーリー展開は上手です。

ぜひ、パパに見て!妊娠中の妻がいる人にも!

ボクは、妻が陣痛しているときの控室で資格のテキストを見ていたサイテーな旦那なんですが、ぜひ、この漫画はパパに見て欲しい!いまからでも!妊娠と出産を知ることができます。

もちろん、妻が妊娠中のパパ予備軍にも読んで欲しい!

父親が育児参加とか産後ケアなんて言っているNPOとかカワイイなーって思います。
そんなの当たり前で、イロハのイですからー。
(そんなイロハのイすら未熟なのが、いまの風土・文化ですが…)
女性にしか与えられない奇跡と危機をしっかり知って、共有して、寄り添って、そしてただ傍にいることしかできない苦悩を知って、でも判断があれば決断をして、やっと男性として父となれるのだと思います。

たしかに、こんな経験したり、その後の子育て経験したりすれば、それをしていない同世代の人とは圧倒的な経験値の差が生まれるよなって思いました。とってもステキなことじゃないですか。人生が豊かになります。結婚のハードルとか、婚外子の認知とか、もっともっとハードルを下げてサポートを厚くしていければ良いなと思います。いいじゃん、いいじゃん、年収とかステータスとか見た目とかちょっと優先度下げてさ。良い人を選べば、人生が豊かになるんだよーって感じで。(← ちょっと、テキトーな発言でしたな、すいません)

人それぞれの価値観や生き方や個性を尊重します。
そして、新しい命にも、それらを尊重したいなと思います。

「いちえふ」に続き、良い漫画に出会ったな。
「コノウノドリ」も「いちえふ」も敵や悪がいなんですよね。

ちなみに「いちえふ」の書評はこちら。

【いちえふ(福島第一原子力発電所労働記)】を読んだら、そこにあるのは日常の仕事場だった
「いちえふ」モーニングKCの記事!

モーニングは良い漫画をチョイスするよなぁ、ホント。
「寄生獣」や「沈黙の艦隊」とか好きな漫画はモーニングが多いです。
ちなみに、読売新聞で「コウノドリ」が記事なりました。

お産の漫画「コウノドリ」…社会の縮図 葛藤する医師 : こころ元気塾 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)
社会の縮図「葛藤する産科医」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。