子育てファミリーのお金の常識を考え直そう!現役金融マンがバシッとアドバイスするよ #寄せ書きブログ

絶賛子育て中の みかん(@tangerine_buddy)です。今回は現役金融マンの私が子育て世代のお金の常識が変わりつつあることをご紹介したいと思います。保険や自宅の購入など、資産という観点で今までの常識がいかに昭和の高度成長期時代の考えだということが理解できるかと思います。自宅購入や保険(学資保険や医療保険など)の情報がメインです。共働きで双方年収300万円で世帯年収600万円くらいの層を想定してます。

スポンサーリンク

新築マンションや分譲戸建ては買ってはダメ!

マンションや家屋を資産として考えると「買った直後から目減りする資産」と考えておいたほうが良いでしょう。特に木造家屋は30年で資産ゼロ円になります。土地付き戸建ての場合は「土地も資産」と考えることができますが、景気浮揚がなかなか思うようにいかずに少子高齢化が突き進む現状では都心の一等地以外は「徐々に目減りする資産」と言えます。

分譲戸建ては建築費を抑えるためにかなり安い建材などを使ったり職人へのコストをカットしたりしているので10年経つとメンテナンスや補修費用が莫大にかかるのでご注意を。また、定期借地権の分譲戸建ては30年で借地権が無くなるので土地まで失います。(最近、東京では多いんですよ、定期借地権の分譲戸建て)

極論すれば新築マンションや土地付き戸建ては、ようは「不良債権」みたいなものです。買ってすぐに資産価値が下落しますから。最近のデータによると新築マンションでは、築5年で大幅に下落し、築11年でまた大幅に下落します。

30年ローンを3,000万円で組んだら利子も含めて毎月返却するのに、マンションは資産価値が下落するので普通のリテラシーがあれば「割に合わなくね?」って思いますよね。

築15年を過ぎた中古マンションは資産価値が減らない

逆を言うと、築15年を過ぎた中古マンションは資産価値が大きく下落しない資産と考えることができます。つまり何かあって売却しようと考えたとき買った価格と売る価格にそこまで大きなマイナス差異は発生しないのです。

実際、私は金融マンの知識をフル導入して築16年の中古マンションを購入。5年くらい住んで買値より高く売り抜けました。(現金の利益ゲット)今は賃貸戸建てに住んでいます。

築15年を過ぎた中古マンションの選び方

もう少し補足しますね。築15年を過ぎた資産価値の下がらない中古マンションの選び方もご紹介します。

駅チカ(徒歩7分以内)
管理体制良好(ゴミなど無い)
住民の民度が良い(変な人が少ない)
大規模修繕を1回行っている

簡単ですが、この4点です。子育て世代にとって子どもの住居環境は大切です。管理体制が良好か、住民の民度が高いかを確認できるのは中古マンション購入のメリットです。

私が5年住んでいたマンションは、管理人が常駐し、子育てファミリーに優しい住民が多くてとても助かりました。事前に調査できるこのような見えないメリットも資産と考えて良いと思います。大規模修繕は10年に1度という国交省の指針があるので築15年過ぎるマンションは1度やっていると資産価値が保たれます。

でも、2017年に不動産を買ってはいけない

これは言わずもがなですね。2020年東京五輪の後は消費税増税も予定されていて一気に景気が冷えこむでしょう。中国人のマンション爆買いも沈静化しました。東北の復興もある程度めどが立ち建築材や職人さんの単価も下がります。

少子高齢化でマンションや戸建ての資産価値は下がり続けるので2020年後にトレンドを把握してから買いましょう。あと2~3年、じっくり不動産の勉強をしておくことをおススメします。あくまで「資産」としてドライに捉えましょう。(やっぱりキレイな新築マンションか庭付き戸建てよね~♪なんていうパートナーは高リスクですね 笑)空き屋も増えてますし、賃貸価格も下がっていくのでは。

学資保険はナンセンスなのでいらない!

子どもの将来を考えて積み立て貯蓄のように学資保険に加入するご家庭も多いと思います。私は反対派です。どこの保険会社も返戻率が110%程度が多いので、100万円積み立てたら110万円返ってくるという保険ですね。

これ、年利換算すると1%くらいなんですよ。確かに普通預金のありえない超低金利よりマシですが、年利1%くらいであれば普通に株などでまかなえます。学資保険はデメリットが多すぎるのです。現金という資産を塩漬けにするようなものです。

流動性、換金性が低い(おろせない)
満期以前に解約すると元本割れリスク
たかが年利換算1%

年利1%程度なのに解約すると元本割れすリスクがあるってかなり損でしょ。現金の非常に大きなメリットである流動性を著しく制限されて年利1%は割が合いません。もちろん、世帯主に万が一のことがあれば、それ以降の支払いは免除されるというメリットもありますが、そこは生命保険という専門の保険をおススメします。

学資保険を利用しない教育費の貯め方は?

子育て中の私世代は年金は期待できませんが、10年、20年後の教育費はそこまでかからないと予想しています。少子高齢化がホントにヤバいので、さすがに対策を取るでしょう。実際、高校教育まで無償化という路線が固まりつつありますし。

学費を払って塾や予備校で受験勉強して大学に行く時代でも無いと思います。専門学校などで、特定のスキルを学んで働くのが現実的な社会になっていると思います。では、私の家でどうやって教育費を貯めているかご紹介します。

児童手当、子ども手当は全て貯金
お年玉やお祝いも全て貯金
少額を株で運用して利益得る

上の二つだけで、小学校に入るくらいには100万円以上は貯められます。あとは少額を株で運用して年利1%くらい稼げば十分です。年利1%なら少し勉強すればすぐですよ。私は、妻が35万円の株を買って、今、売りぬけば50万円ですから。(15万円の利益、ただそのうちの20%は税金に…)ゆうに返戻率110%達成です。年に2回2千円くらいの配当金も入るし。

子どもは高校までは公立ですね。私が高校生の頃は公立高校がどん底の時期でしたが、自治体がテコ入れして今の公立高校の学習内容は改善されています。

生命保険や医療保険はどうすれば?

結婚して子育てしていると、大黒柱の収入源に何かあったら大変です。ということで、世の中の保険の営業おばちゃんが日夜頑張っているのですが、これも昭和ですね。今は安いネット保険もありますし。ポイントは以下の通りです。

生命保険は安価な掛け捨て
医療保険は「こくみん共済」で十分
健保の高額療養費制度で安心

保険に1万円以上かけるのはナンセンスですよ。今は安い掛け捨ての保険があるので、そちらをおススメします。掛け捨て保険は家計のやりくりや将来的な計画が立てやすいのです。私はライフネット生命で毎月2,500円チョイを払っています。

医療保険はいりません。サラリーマンの健保組合は高度療養費制度というものがあり、いくら医療費がかかっても1ヵ月に9万円弱で打ち止めになるのです。そして補助的に「こくみん共済」を医療保険として加入します。毎月2,000円くらいの支払いで、年に1回還付金が数百円あります。実質2,000円を切ります。これで十分です。「こくみん共済」は掛け金の割には保証が充実しています。

CMをバンバン流している保険会社や、営業おばちゃんを多数抱えている保険会社は高コストなので、その分、高い保険料の保険をすすめてきますからご注意を。

とりあえず1年間は無収入で暮らせる貯金を貯める

結婚したり、子育てが始まったら、まずはファミリーで1年間無収入で暮らせる程度の貯金を最優先で貯めましょう。その貯金は絶対に手を付けない。心に余裕ができますし、うつ病や成人病などで働けなくても1年は生きられます。実際、私はうつ病で数回休職して健保の傷病手当金などを使って生き延びました。

クルマはカーシェアリング。あとは勉強

首都圏ならクルマはカーシェアリングで十分です。クルマは、ローンに駐車場代に自動車保険に自動車税に車検代。金食い虫の代表格です。地方でクルマが必需品というエリアも多いですが、首都圏ならカーシェアリングをおススメします。実際、私の周りのファミリー世帯はクルマを所有せずにカーシェリングで十分と話しています。

仮想通貨はまだ投機的な側面が多いので勉強にとどめておきましょう。もう少し経って仮想通貨を使える場所が増えたら、少額(余剰金)を円から仮想通貨に換えて利用するのもありかなと思います。日本中どこでも使える円と一部しか使えない仮想通貨を比較すると、相対的に仮想通貨を使った方がお得になるでしょう。

ファイナンシャルプランナー3級程度のテキストをさらって読んでおくことをおススメします。現状のお金の常識を理解してから、自分で正しいと思うお金や資産との付き合いをしていくことがベターかなと思います。日々の生活に必要なものは「資産」という観点で見つめなおしてみましょう。目減りしたり不自由な資産が多いのではないでしょうか。

今回はサラっと書きましたが、それぞれの項目を深堀して今後記事をアップしようかなと思います。ちなみに私はファイナンシャルプランナーや証券、損保、生保を売る資格を持っています。(会社で取らされました…)あとはコレ言うと怒られるけど、専業主婦(主夫)が一番デメリットかなぁって思います。家にいながら個人で稼げればいいのですが、なかなかそうもいかなでしょう。人手不足の今のうちに会社に滑り込むのが賢明かと。

では、皆さま、ステキな子育てライフを~。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。