抜群の安定性!子ども乗せ自転車ブリヂストン「アンジェリーノ プティット」を選んだ5つの安全ポイント!

子ども乗せ自転車で毎日保育園に送っている @tangerineです。

中古で購入した数年前のアンジェリーノにガタがきまして。
新車購入を検討したところ、安全性を最優先にして決めました。

安全最優先のポイントと乗車レビューをご紹介!


スポンサーリンク

ブリジストン アンジェリーノ プティットに決定!

いろいろ調べたりしたんですが、シンプル構成のアンジェリーノプティットを購入。
低重心で、電動モーターはナシのタイプ。カラーはレッド。

購入を決意したポイントと乗車したレビューを紹介します。
そこそこおススメですよ。

IMG_5406

1.前輪後輪20インチの低重心・低車高で抜群の安定!

まずは、これ。低重心。
やっぱり安定します。

今までは前輪22インチ、後輪24インチのアンジェリーノ前乗せでしたが、
新車のアンジェリーノ プティットは前後共に20インチ。
ボクのフォールディング自転車と同じなんです。

よって、何よりもこの車種のポイントは車高が低いコト!
車高の低さから得られる安全メリットはとても多いです。

・子どもを抱え上げるのが楽チン!
・足がすぐ届くので停止時にグラついても安心!
・万が一、転倒しても子どもへのダメージが軽減!

スピードが出せないというデメリット(後述しますが、実はこれもメリット)を打ち消すだけメリット。
子ども乗せ自転車なので安全最優先です。低いので転倒時のダメージも軽減。
毎日使うので、この安全メリットを重要視しました。

2.小径ゆえのスピードリミッターという安全性!

前輪後輪20インチなので、スピードが出ません。
普通程度には十分なのですが、急ぎで飛ばすことができません。

これ、デメリットなんですけど、子ども乗せ自転車ではむしろメリット。
自然なスピードリミッターとなります。

スピードが出てしまうと、事故の危険性が増えます。
また、何かの時の衝撃エネルギーも増大します。
何かと急ぎの保育園送り迎え、このリミッターは重要。

子ども乗せているときは飛ばしちゃいけません。危険。

3.安心のブリヂストン製。オプション製品の豊富さ!

後乗せ子ども椅子や、レインカバーなど、さすが最大手。
オプション製品が豊富です。子どもが大きくなった後のカゴや。

あとは、やっぱりブリヂストン製というのは安心感がありますよね。
ノーブランドでも全然OKなんですけど、ボクは。
まぁでもママとしては、ね。カワイイのがいいしね。

ママ同士はとかく比べるものらしいので、ブリヂストン製のアンジェリーノ乗ってれば、ね。
めんどくさいね(笑)なんて、ちょっと勘ぐりすぎかな。

アンジェリーノプティット|子供乗せ自転車 安全でおしゃれなアンジェリーノ|ブリヂストン
ブリヂストン公式サイト

4.小径のデメリットを補う太いタイヤで段差も安定!

小径になると、乗り越えられる段差が低くなるんです。
それを補うための太いタイヤ。これもさすがのブリヂストン。

小径でタイヤも通常の太さだと、段差が高いと乗り越えられずパンクや歪みが生じます。
ちなみに、ボクのフォールディング自転車も小径なのでタイヤの太いものを選びました。

こーゆー設計、イイですよね。分かってるな、って感心。

5.電動アシスト機能ナシなので安く!そしてエコ!

電動アシスト機能、足の動きと連動せずにグンと回転するから苦手なのです。
ハンドルさばき間違えると車道に無理やり出ちゃう可能性も。
(ちなみに、この感想は数年前の電動自転車の体験なので今は大丈夫かな!?)

一番大きなポイントは、やっぱり安いこと!
買ったタイプは自転車屋で57,000円くらい。
電動アシスト機能が付くと2倍以上の120,000円くらい。
うーむ、単純な電動モーター機構にこの金額を払うのはバカバカしいなぁ。
どーせ電池は1~2年で劣化して交換だろうし。

何より、自転車は自分の足でこぐもの!というポリシーを重要視。
充電する電気のもとは高価な化石燃料ですから。(ひとむかし前は核燃料)

でも、後付オプションができればいいなぁって思う。
前後に子ども乗せてると、やっぱ電動アシスト機能は重宝しそう。
ブリヂストンさん、考えてみてください!

ということで毎日使う子ども乗せ自転車のご紹介でした。
安全第一で、毎朝、保育園送りをしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。