落ち着いた店内!亀戸【酉(TORIYA トリヤ)】極上焼き鳥をゆっくり楽しめるお店。

酉_亀戸(店内1)

焼鳥って奥深いなって思う みかん(@tangerine_buddy)です。

ホルモンや餃子などB級グルメで賑わう東京下町は亀戸ですが、
落ち着いた雰囲気で焼き鳥を楽しめるお店もあるのです!

いつもはホルモンに行ってしまうボクと妻ですが、今回は
久しぶりに落ち着いたお店で焼き鳥を楽しみました!


スポンサーリンク

落ち着いた店内でゆっくり楽しめる

東京下町の亀戸といえば、ホルモンに亀戸餃子が有名。
B級グルメ的なお店が有名なんです。赤提灯系もあります。

そんな亀戸に、しっとり落ち着いた店内の焼鳥屋さんがあるのです。
酉(トリヤ TORIYA)という、商店街から脇道に入った小さなお店。

酉_亀戸(店内1)

亀戸らしからぬ落ち着いた感じのテーブル。
B級グルメや赤提灯やチェーン居酒屋以外も頑張ってますよ!

小皿も箸置きもシンプルだけど上品なモノを使ってます。
あ、もちろん、亀戸基準で、ですよ(笑)

酉_亀戸(店内2)

そんなに広いお店では無いので、スペース的には普通ですが、
親しい人と飲む場合は、あんまり距離が離れていてもよくないでしょ。

17:30に入ったときはカウンターに1組とボクら。
18時には、予約のお客様でいっぱいになってしまいました。

どうやら、人気のお店のようですね!
地元の人や、亀戸散歩に来た人たちが多い模様。
カップルもいますね。ボクらはどう見られてるんだろ。

ビールは安心と信頼のハートランド!

日本のビールで一番好きなハートランドが置いてあります。
ハートランドはキリンの瓶ビール。おススメです。

もちろん、ハートランドビールを注文して乾杯。
たまには妻と二人で乾杯も良いですね。ゆったり。

いっつもは、娘っこが自分のペースで
「乾杯!乾杯!」ってうるさいので(笑)

一緒に注文した焼き鳥が待ち遠しい!

酉_亀戸(ハートランド)

焼き鳥も一品モノも丁寧で美味しい!

もちろん、焼き鳥は美味しいです。丁寧な焼き方です。
最近はケムリがモクモク系の焼きトン屋が多かったので、
ケムリもなくしっとりと串焼きを楽しめるのは新鮮。

イスだって、丸イスやビールケースじゃないぜ。
焼き鳥ダイニングって感じだぜ。

ゆっくりと丁寧に焼いてくれています。

酉_亀戸(ハツ)

まずは、ハツです。塩で。
ほどよい食感が残っており、でも、固くない。

ちょうどよいですね。美味しい!
ボクは串焼きでは、ハツの塩が好きです。

酉_亀戸(レバー)

続いて、ここのおススメはレバーです。
フォアグラレバーというのがおススメ。

しっとりなめらかで、臭みなし。
タレと塩を1本ずつ楽しみました。

味が濃厚なので、ゆっくり楽しめます。

酉_亀戸(たたきとセロリの梅ソース和え)

こんどは、鶏のタタキとセロリの梅ソース和え。
セロリの美味しさと、鶏のタタキって合うんですね!

爽やかな梅の香りもグッド。
鰹節の旨味とシソの葉の爽やかな風味。
これは日本酒が飲みたくなりますね。

寒い日だったので熱燗で!

酉_亀戸(熱燗)

徳利もオチョコも、白くて薄い造りのもの。
すごく上品です。
オチョコは口が広くて、珍しいタイプ。

はぁ、身体が温まる。神戸の日本酒でした。
手酌で熱燗をやる妻の姿、かっこいいねぇ。

お店の熱燗って、コトバは悪いけど、
あんまり高くないお酒が多いじゃないですか。
純米とか吟醸純米でない日本酒が。
そんなお酒は冷酒が基本、みたいな。

広い口のオチョコは、イヤな匂いが飛ぶから、
甘みがちゃんと残るような気がする。

そんな感じで、落ち着いたお店でゆっくり楽しめました。
亀戸って、落ち着いたお店もあるんだよ!
軽く身体が暖まったところで、次のお店へレッツゴー!
(次のお店は、スペイン・タベルナでワインとパエリア♪)

関連ランキング:串焼き | 亀戸駅亀戸水神駅錦糸町駅

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。