代々木で本場ドイツビール【タンネ】白ソーセージの正しい食べ方を教わった!

タンネ代々木-1

たまには先輩風を吹かせたい みかん(@tangerine_buddy)です。

後輩(つっても10歳年下)と飲みいくことに。先輩風吹かせたいじゃん。
代々木に行きつけのビールが美味しいお店があるとのこと。

タンネ(tanne)というドイツビールのお店で、とっても美味しかった。
雰囲気も良く、料理も美味しく、ビールも多彩。おススメです。

(2016年春にまた行きました!アルコール度数が日本酒やワイン並みのビールを味わいました!)

写真 2016-05-21 0 17 17


スポンサーリンク

樽生ドイツビールが楽しめる!

予算は1人2,000円な、それも割り勘だぞ。
って言ってるのに、代々木に美味しいビールのお店があるんです、とのこと。
ぐぬぬ、行ってみたい。

行きつけのお店を紹介されて、それを断るとは男がすたる。
「よし、そこ、いこーぜー」って財布君が怒ってこっちを見ているのを無視して快諾。

横道に入った雰囲気のステキなビアバーでした!

タンネ代々木-4

後輩くんおススメの「ビットブルガー」という銘柄のドイツビール。
泡まで旨いとはこのこと。

スルリとゴクつけるのに、旨みがある。
少なくとも、一口目の泡はそう感じた。

器がドイツビールっぽくてステキ。
後輩くんが「このジョッキ持ってるんすよー!」って自慢するも、すごさが分からないので「ふーん」と流す。すまんな、冷たい先輩で。

ドイツ料理がとっても美味しい!

豚バラのビール煮込みを頼んでみました。
間違いなく美味しいでしょう。豚バラにビール。

楽しみです。

タンネ代々木-2

やっぱり、ほろほろの豚バラが美味しい。
ビールの苦みが少し残っていて大人の味。
玉ねぎがとろけているソースも格別。

やっぱり間違いなかった。ビールに合う。

次は、ロスティというジャガイモの千切りを焼いた料理。
これはドイツっぽい料理。

タンネ代々木-3

ほくほく、パリパリ。
これもビールに合う。さすが、本場ドイツビールが40種類もあるお店。
料理も格別に美味しい。

そして、ここでビール2杯目を注文。
白ソーセージのセットがお得らしいので、ソーセージも。
ドイツ料理満喫ですね。

30代半ばにして、新卒2年目と話せるなんてボクも懐が深いぜ。

「なーんで俺のゆーこと聞かねーんだよ」

『こーして一緒に飲んでるじゃないっすかー』

なんていう他愛も無いやりとりをしつつコミュニケーション。
時代や世代を越えて、飲みニケーションは重要そうですな。

タンネ代々木-1

今度は「パウラナー」というビール。
お店の人が、上手、ほんと上手にグラスに注いでくれる。

このビールも美味しい。
そんな苦くない。小瓶もオシャレなデザインです。
iPhoneで写真撮ってるボクを冷たい目で見る後輩くん。

「料理の写真とか撮ってそーっすよね」って、いちいちウルセー。

白ソーセージの本場の食べ方を教わる!

そして、白ソーセージの本場の食べ方を教わる。
なんと、皮は食べないらしい。マジか?!魚の皮とか好きなのに、ボク。

ナイフで縦にザックリ半分切って、皮を剥ぐらしい。

白ソーセージの正しい食べ方|独逸しあわせ生活計画
白ソーセージの正しい食べ方!

ひとつまた勉強になりました。
30代半ばにして初めて知ったよ。
ドイツの白ソーセージは皮を剥ぐ。

そうこうしているうちに、お会計。二人で8,500円。
ボクが5,000円で、後輩くんが3,500円。ちょっと先輩っぽく。
飲みにケーションもお金がかかるよねー。

でも、良いお店で美味しいビールと料理を食べて満足。
行きつけのお店に連れて行ってくれるということは、ボクのことを信頼しているということでしょう。そう信じてます、ボクは。

渋谷エリアや新宿エリアより静かでこじんまり。
代々木の穴場スポットでした。隠れ家的なビアバー。

ビール好きにはおススメできるお店だと思います。

それにしても最近は食レポばっかで、PV数が右肩下がり。
やっぱり情報系の記事をしっかり書かないとダメですね。

関連ランキング:ビアガーデン | 代々木駅南新宿駅北参道駅

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ぷっしゅ より:

    食の記事が増えましたかな
    夏の暑さもこれからが本格的になるので、ビールの爽快さを先取りしたいものです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。