絶品パエリアと豊富なボトルワイン!【スペイン タベルナ パタタ】東京亀戸の穴場的スペイン料理のお店

タベルナって食堂って意味です。 みかん(@tangerine_buddy)です。

東京下町は亀戸にあるスペイン料理のお店をご紹介。
ワインの品ぞろえも多く、料理もとっても美味しい穴場!

バル形態(軽い居酒屋)より、ちょっと食堂寄りのタベルナ。
ふっくらパエリアが、超おススメのカジュアルダイニングです。


スポンサーリンク

下町亀戸の穴場的スペイン料理屋さん

ホルモンや餃子など、B級グルメで脚光を浴びている亀戸。
実は、穴場的でふらっと寄れるイタリアンやフレンチも多いのです。

今回は、ワインの品ぞろえと美味しいタパス、そして、ふっくらパエジャ(パエリア)が楽しめるスペイン料理屋さんをご紹介します。

お店の名前は「スペイン タベルナ パタタ」といいます。
タベルナとは、食堂と居酒屋さんを足しで2で割った感じのお店のことをいいます。バルよりも、お料理がしっかりしていてるし、どことなく明るい雰囲気なイメージ。

タベルナパタタ_外観

レンガを模した入り口は窓が大きくて入りやすいお店。
カジュアルで明るい雰囲気のお店です。

実は、2回目の訪問。
前回は、ワインと前菜盛り合わせだけだったので、今回は美味しい料理を楽しむぞ!と意気込んでドアを開けました。

メニューはフォークやナイフの袋というアイデア!

お店の壁一面に黒板があって、メニューが書かれています。
黒板が見にくい席のお客様のために、フォークやナイフの袋がメニューにもなってます。

タベルナパタタ_メニュー

かわいらしい字とイラストがとっても身近な感じですよね。

気取ってない感じが大好き!アットホームです。

こーゆーアットホームのお店のバイトさんは感じのイイ子が多いってのも良いですよね。気取ったお店の気取った子より、下町のお店って感じで好きです。

まずは、ワインを頼んでみましょう。

ワインはすごい種類の品ぞろえ! 安い!

ワインのボトルは、相当な種類があるようです。
もちろんサングリアもありますよ。

そして、安いんですよ、ボトルワイン。
嬉しいかぎり。

タベルナパタタ_ワインリスト

こんなイッパイなんです!ワイン。
裏面も、このこくらいの数がリストされてました。

すげー!
ワインに詳しいと選ぶ楽しさもあるんだろうな。

店員さんに、「この2,500円の中なんですけど。少し飲んできたので、コッテリしてない軽い赤ワインが良いんですけど~」という素人感満載の注文の仕方。笑顔で店主に確認してくれました。最安値クラスの2,500円指定が貧乏くさいですが。

タベルナパタタ_ワイン

おススメは上から2つ目の「ビニャ メルセデス ピノノワール」というスペインワインでしたので、それを注文。ネットでは「旨安ワイン」って書いてあった(笑)コスパ最強!みたいで恥ずかしいな。

日本酒や焼酎は漢字だから作り手の気持ちが伝わるけど、ワインは外国語でサッパリ分からんわー。単語の意味とか分かると楽しいんだろうな!和訳をカッコ書きすると、ちょっとイイかもしれませんよ。ワインを出すお店の皆さま!

ちなみに注文したワインの「ピノノワール」はブドウの種類らしい。ワインって、ブドウの種類が重要みたいですね。
日本酒でいう、米の「山田錦」、「五百万石」みたいものですね。

タベルナパタタ_スペインワイン

おっ!
ボトルでワインを頼むと、ちゃんとしたワイングラスなんだ!

以前はハウスワインのデキャンタだったので足の無いクラスだったけど。
(足の無いグラスで飲むのは、カジュアルでヨーロッパ人みたいで、それはそれで好き)

スッキリとした飲み口でし、ほんの少しドライ。ワインの場合は、スパイシーって表現するのかな。1件目では日本酒の熱燗(つまり、甘めのお酒)だったの、ちょうど良い味でした。

気取らない料理と明るい店内!

お店の中は、オレンジ色の壁で明るいです。
シンプルな店内は好感がもてます。

食堂に近いタベルナ感を醸し出してます。

タベルナパタタ_店内

本日のおススメもあります。

下町のスペイン料理屋さんだなーってちょっと感心したのが
アヒージョなんてカタカナ使っていないところ。

「牡蠣のオリーブオイル煮込み」

好きです。分かりやすい表現。
もちろん注文しました。

タベルナパタタ_牡蠣のオリーブオイル煮込み

想像してたのより大ぶりの牡蠣でビックリ。
味が濃厚でプリプリ。ガーリックたっぷり。
オイルはパンにつけて楽しみます。

こりゃウマい!
オリーブオイルも、牡蠣も、ガーリックも、エライ!

さて、赤ワインなので、ここらへんで濃いめのお肉料理といきましょう。
「牛肉のスネ肉の煮込み」を注文。

冬だし、煮込み系で温まりたいですよね。

タベルナパタタ_牛すね肉煮込み

牛スネ肉は、ほろほろに煮込まれていました。
超わやらか。
思ったよりサッパリとしたスープで、お肉のうまみが際立ちます。
トマトなのですが、酸味が控えめでコクがあります。

牛肉は家で料理するといっつも固くしてしまうので、レシピを知りたいものです。

ワインが進みます。

イチオシのパエジャ(パエリア)で〆る!

パエジャ(パエリア)イチオシのこのお店。
いろいろな種類があります。

スペインだしイベリコ豚いっちゃう?!
赤ワインだし。

ってことで、イベリコ豚のパエジャ(パエリア)を注文。

タベルナパタタ_イベリコ豚パエリヤ

どどーんとイベリコ豚たっぷり!
ソーセージに切り落としに、イベリコ豚三昧。

レモンをギュギュっと絞っていただきます。

ライスは思ったよりふっくらです。
リゾットのほんのちょっと芯が残っている感じよりも柔らかです。
イベリコ豚はとってもジューシー。
すっごい美味しい!

ボクと妻は、あんまり大皿系を頼まないのですけど、これは大成功。これもワインに合います。正直、何でもお酒に合うんですけどね、酒好きなので。

2回目の訪問ですが、とってもステキなお店でした。
亀戸餃子や亀戸ホルモンも超おススメですが、下町のタベルナも超おススメします。お店もお客さんも、とっても気さくでカジュアルでゆったり楽しめます。亀戸を訪れた際は、ぜひ。パタタのパエジャ(パエリア)を試してください。

関連ランキング:スペイン料理 | 亀戸駅錦糸町駅亀戸水神駅

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。