【宝華】カイワレが絶妙のさっぱり油そば!東小金井で30年以上の老舗で元祖油そば食べてきた。

宝華-油そば

東小金井といば「油そば」。 みかん(@tangerine_buddy)です。

東小金井というマイナーな地のB級グルメ「油そば」。
多摩エリア発祥の、汁なし(少ない)まぜそばです。

「一平ソバ」などの学生に人気のお店が多数あります。
今回は「宝華」という中華屋で油そばを堪能しました!


スポンサーリンク

中華料理屋で味わう油そば

中央線東小金井駅の北口に昔からやっている中華屋「宝華」。
瓶ビールと餃子に、油そばという流れが定番でした。

このお店は開店してもう30年以上、油そば(宝そばという名前)は20年以上前から出している老舗中の老舗です。もちろん、レバニラ炒めや野菜炒めなど、通常の中華屋メニューも抜群の美味しさ。

ドドーっと目に飛び込んでくる「宝華」の文字。
老舗のわりには、アグレッシブな店構えです。

うちらがよく行った頃は、もう少し控えめだったのにな。
元気よく儲かってお店を続けている証拠ですね!

宝華-外観

お店は、いわゆる街中の中華屋さん。
気取っていません。

テーブル席が、5~6テーブルくらい。
カウンターが8席くらい。お店はいっつも人が入ってます。

瓶ビールが置いてあるお店です。

まずは、餃子を注文。
定番です。もちろん瓶ビール。
お通しはザーサイでした。

宝華-餃子

餃子は、記憶より小ぶりになっている印象。
思い出が美化されているからなのかな。

400円なので、相応ですね。
もう少し大き目か、380円とかだったらインパクトあると思う。
ニンニクがガツンと効いた正統派焼き餃子です。

ビールに合う!
焼き餃子は、ガツンと臭うのがよい!
(周りの人にはゴメンなさい)

カイワレが合うさっぱり油そば!

お目当ての油そばを注文。
このお店は「宝そば」という名前です。
650円という価格です。

宝華-油そば

カイワレとネギが薬味としてトッピングされてます。
脂っこくは無く、サッパリとしたサラッとした油です。
醤油ベースのタレに中太麺。麺の量は少々控えめ。

とあるセグメントのブログ書きさんが大挙して訪れるラーメン屋さん(脱サラしたブロガーさんが開業したラーメン屋)もカイワレをのせたラーメンを出しているようで、カイワレという薬味はとっても良いかも。辛味が少なく、ニオイも残らないので、ネギより万人受けするような気がします。

「油そば」から想像する脂っこさはありません。
タレそばという感じかも。同じ東小金井の一平ソバはもっと脂ギッシュ。
マヨネーズなどのトッピング自由度は低いです。中華屋なので。
ラー油とお酢くらいかな。

いやー、でもこれは飲んだ後にスルッといける。
瓶ビールのつまみにもグッド。

このお店、水樹奈々さんがデビュー当時によく行ったというお店で、水樹奈々さんが好きなフリーランスWEBクリエイターみうさん(@miu0512)もブログの記事で紹介しております。

[M]水樹奈々さんがデビュー当時に食べていた、東小金井にある中華料理屋「宝華」で肉野菜炒め定食を注文! | miMemo(ミメモ)
水樹奈々さんが食べた野菜炒め美味しそう!

こんな感じで、お花見の後の〆油そばとビールを楽しみました。小金井にまったく縁もゆかりも無い嫁さんの妹はつまんなかったでしょうが、うちら夫婦は懐かしくてホッとしながら当時と同じ油そばを堪能しました。東小金井(ヒガコ)は、最近、nonowaという駅チカのショッピングモール(JR東日本グループ)も出来たし、少しずつ開発されているようです。嬉しさ半分、寂しさ半分。

関連ランキング:中華料理 | 東小金井駅新小金井駅

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。