参院選直前特集!投票の参考になる選挙情報サイトを3つご紹介。お年寄りに負けるなっ。

明日は参院選の投票に行こうと思う @tangerineです。今日、期日前にしようかな。

参院選で。ネット選挙解禁のようで、SNS等で言いたいこと言える選挙戦。
といっても、相変わらず情報は少ないのが実情。党首より、候補者の声が聴きたい。

今回の参院選で参考になるサイトを載せてみました。直前ですが。
選挙フェス(← いとうせいこう氏命名)に行こうよー、みんな。



候補者発言を可視化しろ!津田大介氏プロデュース「ポリタス」

津田大介氏が突貫で構築したサイトです。
「ポリタス」という、候補者の発言のトピックのボリュームをバブルで表現。

TPPなら301発言で、消費税は317発言で拮抗してます。(2013.07.20現在)
震災復興は1211発言で、景気対策は818発言。やっぱり震災のほうが上ですね。

ただ、これはカテゴリなので原発YESでも1カウント、逆に原発NOでも1カウント。
どのカテゴリがいっぱい発言されているかの尺度です。

全画面キャプチャ 20130720 80639

気になるカテゴリのバブルをクリックすると、そのカテゴリで発言した候補者の発言がリストされます。
どんな候補者が、どんな意見か確認することができます。
「ポリタス」は以下をクリック!(キャプチャが401Errorですが大丈夫ですよ)

ポリタス ー 政治にプラス
ポタリス-候補者の発言を見てみよう!

津田大介氏がこのサイトを公開した意味は以下のリンクを。
インタビューに答えております。

新サイト「ポリタス」で政治を可視化する!編集長・津田大介氏に使い方と狙いを聞いた|ネット選挙解禁!ニッポンの民主主義はどう変わるか|ダイヤモンド・オンライン
ポリタスで政治家を可視化する!

投票者平均年齢は60歳!世代間1票の格差は2倍!

投票率の低迷が叫ばれて久しいですが、これは実は大問題。
義務教育を受けた人なら、この選挙権が平等に与えられた過程を学んでいます。
かつては、金持ちがカネ払って投票したいたようなもの。もちろん女性なんて投票権無し。

だから、選挙権ってのはね、、、という意義を強調しても行かないものは行かない。
だって、その苦労知らないしね。ボクも含めて。

でも、実は若い世代にとって選挙に行かないのは大問題なのです。

実は!投票者の平均年齢は60歳ちかくなんです。
若い世代と、高齢者世代の投票率格差は25ポイントで、OECD平均の12ポイントの2倍以上。

まぁ、端的に言えば60歳以上に向けた言葉や政策なんですよねー。
そりゃ、原発なんて再稼働しますよねー。
老朽化して、コストかけて維持して、ついに廃炉にコストかけてで20年。
もう、60歳以上の人はこの世にいませんもんねー。

女は家庭を守れ!男はわしらの時代みたいに月月火水木金金で働け!
みたいな世代に受けがいい政策が優先されますよねー。
そりゃ、格闘家:サタケ氏や経営者:ワタナベ氏が候補者に名を連ねますよねー。

若者投票率、高齢層との差は約2倍 | web R25
若者と高齢者の投票率格差2倍!

「選挙で若者が大損する」—投票者の平均年齢は57歳(AERAより) (Hayato Ikeda) – BLOGOS(ブロゴス)
投票者の平均年齢は還暦です。。。

質問に答えてあなたにマッチした政党を分析してみよう

憲法や、くらしや、原発などなどの各カテゴリごとに質問があって、
それに答えていくと自分の意見と合った政党を分析してくれます。

あんまり好まないサービスだなぁって思ってたけど、
やってみると客観的に自分の意見を眺めることが出来て有益かも。

自分の意見って、実はミクロな分野のミクロな視点なので、
トータルに俯瞰すべく試しにやってみましょう。
ボクは、驚きの左派寄り(笑)右派寄りかと思ってたのにね。

2013年参院選 毎日新聞ボートマッチ「えらぼーと」
質問に答えてマッチした政党を分析

参院選投票日直前ですが、ぜひ参考にして頂ければ嬉しいです。
ボクは、選挙権をもらってから全部行ってます。
だって、よく分からない宗教や、自分たちの都合で動かしたい業界団体とか、
そんなものにボクの将来を勝手に左右されたくないっす。

自分の将来は、自分で決めます。

そして、年代や環境によっても変化してきます。考えが。
学生時代の考えや、社会人早々の考えや、そして3.11やある程度の社会経験(カイシャ)、
結婚や子育て、祖母の介護などを経験した後の考えや、まったく違います。
そして、おなじようなカテゴリでも、局所局所では自分の中の意見が多様だったりする。

成熟するって、そゆことだと思う。

選挙 [DVD]

選挙 [DVD]

posted with amazlet at 13.07.20
紀伊國屋書店 (2007-12-22)
売り上げランキング: 723

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。