往年のマニュアルレンズ『PENTAX-M 1:1.7 50mm』の優しい描写が大好きだ!

PENTAX-M 1:1.7 50mm

ボクと同い年くらいのマニュアルレンズ『PENTAX-M 1:1.7 50mm』。このレンズとPENTAXのデジタル一眼レフのコンビは最強である。優しい描写とトローっと滲むようなしたボケが大好き。そういえば、生後二か月のムスメを。このレンズで撮ってなかったと思いだしたので早速撮ってみた。

スポンサーリンク

PENTAX-M 1:1.7 50mmで撮る生後二か月のムスメ

コトバはいらない。
優しい描写はポートレートに合うんだよな。
赤ちゃんの写真をポートレートと言うかは分からないけど。やっぱりPENTAXコンビは相性が合う。マイクロフォーサーズでオリンパスのカメラにシグマのレンズを付けて撮っているんだけど、なんかフツーなんだよね。相性バッチリ!っていう感覚が無い。

PENTAX-M 1:1.7 50mm

PENTAX-M 1:1.7 50mm

絞り開放(f値1.7)にすると滲むようなボケ。
PENTAXの真骨頂。

PENTAX-M 1:1.7 50mm

PENTAX-M 1:1.7 50mm

角度を変えると、すぐに色味が異なる(笑)
これもPENTAXの真骨頂。
ホワイトバランスが敏感なのでしょうかね。
K-7は、もう数世代前のカメラですから。
たぶん、撮影者のボクの位置が変わって陰になって色味が違くなっただけなんだけどね(笑)

PENTAX-M 1:1.7 50mm

PENTAX-M 1:1.7 50mm

『PENTAX-M 1:1.7 50mm』で手料理を撮る!

奥さんが作った夜ご飯を撮ってみました。
レンコン。
なぜかムスメ(長女5歳)はレンコンが大好き。

PENTAX-M 1:1.7 50mm

PENTAX-M 1:1.7 50mm

大味な描写じゃないので、日本料理に向くかも、このレンズ。次は流行りの玉ボケをこのレンズで撮ってみたいな。

PENTAX-M 1:1.7 50mm

PENTAX-M 1:1.7 50mm

やっぱり次のカメラもPENTAXかな。マイクロフォーサーズもいいなかなぁって思ったんだけど、PENTAXにする!今はまだ買う予定は無いけど、元気になってちゃんと働いて(いや、今もちゃんと働いてるけどさ、なんかリハビリ中の身だし。というか、闘病中だし)、そしたら買うんだ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。