【映画ムーンライズ・キングダム】休日のお昼過ぎにソファーで!毒気の無いシュールさで描くホンワカ映画決定版。

少々疲れ気味な日々。休日にゆったりと心を休めたいときにおススメな映画です。
子どもたちの逃避行と、コミカルな大人たちの追跡劇がホンワカと繰り広げられます。ソファーに横になりながら、90分、頭を使わずに観てみましょう!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

思春期前の子どもが恋の逃避行!?

友人に、おススメの映画あるー?!って聞いたら、この「ムーンライズ・キングダム」の挙がってきたので即レンタル。ちょっと疲れ気味の心に、ゆるーく沁みる映画です。ファンタジーのような、ゆるいアトラクションのような、そんな現実逃避が出来る映画ですよ。

あらずじは、ボーイスカウトの脱走少年と、化粧ばっちりの無表情女の子の駆け落ち的逃避行です。いや、そんな思いもんじゃありません、家出チックなものです。なぜか少年がパイプをふかしてたりして、描写がシュールなものを多用して間ます。

小ネタも挟んでくるのですが、毒気は無くて、まったり雰囲気が続きます。

ソファーに転がって、休日のお昼過ぎに1人でのーんびり観るのをおススメします。ビールより、紅茶かな。なんとなく。

ぼくらの7日間戦争を思い出しました。

むかし、ぼくらの7日間戦争という映画があったのですが、それを思い出しました。コミカルさは少し劣りますが、子どもと大人が対比させた描写の映画です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。