超面倒くさがり屋のランニングが三日坊主にならなかった、たった一つの言葉の重みとは。

a0002_000389

ランニングやジョギングなど、習慣化するのを挫折してしまう人も多いと思います。ボクもその部類の超面倒くさがり屋なのですが、今回のジョギングは続いています!曇りの日で気分がすぐれない日もジョギングに出ることができました!それは、ボクの頭の中をよぎった、たった一つの言葉です。


スポンサーリンク

a0002_000389

スポンサーリンク

ジョギングで心身ともに良い状態にもっていく

ランニングやジョギングは、心身ともに良い状態を保つ方法としてよく知られています。一般的にはこんなことが知られているのではないでしょうか。

・心肺機能の向上
・筋肉持久力の向上
・ダイエット効果
・血行促進による病気予防
・ストレス解消と脳の活性化

特に、ストレス解消と脳の活性化は、心の健康にもつながります。ストレス社会の現代人にはもっとも必要な効果とも言えそうですね。ボクも、目的は、ここです。脳を活性化し、心を健康(正常)にすることです。心が正常でないと、仕事はもちろん、正しい思考や判断も出来ません。

ちなみに、横っ腹周りはジョギングで結構引き締まりますので、フィジカル面の向上は言わずもがな、ですよ。

でも、面倒くさい!億劫だ!

頭で効果が分かっていても、実際に効果を感じていても、面倒くさい日や億劫な日って必ずあります。それが開始数日で訪れるんですよね。三日坊主とはよく言ったものです。ボクも、数日後にして、あー、メンドクサイって思いました。曇り空で雨降りそうで心も重い日。

そんなとき、今日は止めちゃおうかなって思ったのですが、あるコトバが頭をよぎりました。

三日坊主を食い止めたあるコトバとは?!

目の前の健康のためじゃなくて、10年後の将来のためのジョギングだ!

人間、ついつい目の前の効果に気を取られてしまいます。ボクなら、健康になって仕事に復帰すること。でも、やっぱりモヤモヤして面倒くさい。そんなとき、ふと、このジョギングは10年後の将来のためじゃないのか?!って思ったのです。

心と身体が正常でないと、良い思考や判断は生まれません。人生は、思考と判断の連続。ただの目の前の体調快復と職場復帰ではなく、「本当にその復帰で良いの?」、「その後は?」、「体調を崩した原因と対策は?」、「どうやって環境や思考を変えていく?」そんなことを思考し判断していくのが、10年後の将来をよりハッピーにするためだと感じたんですよね。そのためには、まずは、心と身体の健康を取り戻すこと。

そしたら、自ずと着替えて、自ずとジョギングしてました。

その後は、疲れて寝てしまったけど、でも気持ちよかったし達成感もありました。この面倒くさいハードルを越えたぞ!っていう。そして、10年後という将来をちょっとした瞬間でも意識できた嬉しさ。

頭の片隅にはこの言葉がありました。

1969年7月20日、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功した時とコトバ。船長の Neil Armstrong 氏です。

“That’s one small step for a man, one giant leap for mankind.”
(これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。)

ボクにとっては、ジョギングの一歩が偉大な飛躍になると信じてます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。