勢い余ってiPhone5s(シルバー)に機種変したのでワクワクの開封の儀。あと、お父さんランチボックスもらったよ。

iPhone5sホワイト2

遅くなりましたがiPhone5sにした みかん(@tangerine_buddy)です。

はじめはiPhone5cグリーン32GBにしようとしたのですが、
カウンターで「あ、やっぱ、5sで。16GBでOKっす」って。

ソフトバンクの「かいかえ割」期日ギリギリに。
クラウドストレージ駆使すれば16GBでイイかなって思いまして。


スポンサーリンク

結局、勢いでiPhone5sにしちゃったよ

うふふ、iPhone5sにしちゃった。
16GBというところが、ちょっとカツカツ感あるけど。

妻の「iPhone4で充分だし、アタシ」に一蹴された、あの日。

iPhone4sはモサモサするし、2年で残債ゼロになったし。
どうやって買い替えるか。コスト面のアップは最小に抑えるのが命題。

auにMNPしてiPhone5c(16GB)一括購入ゼロ円ってのも考えたんですが、
結局、そのままソフトバンクにして、iPhone5sにしちゃいました。

・かいかえ割で1年間はLTEパケット定額増額を回避
・手持ちiPhone4s売却で事務手数料3,150円をカバー(結局、13,600円で売れた)
・ポイントで3ヶ月分の機種割賦代をカバー

最近は、基本料自体で2年縛りなのね。解約違約金あるし。
ちょっとミスったかなぁ…。
何かの時にコストが安いウィルコムやイーモバに移れないじゃん。

って、ネガティブなこと言っててもしょうがない。
iPhone5sを楽しむっきゃない!さっそく開封の儀!

さっそく開けてみましょう!開封の儀。

相変わらず、Appleのケースはおしゃれですね。
「開封の儀」っていうブログの記事が多いのもうなずけます。

開けるドキドキ感がありますよね。
(一回、ショップで空けてあるんだけどさ)

あとは、オモチャの包装紙を開けるワクワク感。
子どもの頃の、あの感覚だよね。

iPhone5sホワイト2
PENTAX K-7(DA35mmF2.8 Macro Limited)

ケータイはホワイトかレッドなのが今まで。
なので今回のiPhone5sも「ホワイト!」です。

でも、ショップの店員さんに苦笑いされながら
「シルバーでもよろしいでしょうか…」って訂正された。

化粧箱が美しいですね~。

iPhone5sホワイト5
PENTAX K-7(DA35mmF2.8 Macro Limited)

側面も細めのフォントの「iPhone5s」の印字がおしゃれですね。
ではでは、箱を開けてみましょう!

iPhone5sホワイト1
PENTAX K-7(DA35mmF2.8 Macro Limited)

おおう、やっぱショップでの設定時とは比べ物にならない嬉しさ。
ホームボタンをポチって押して、ホーム画面を表示させてみました。

美しいですね、ディスプレイ。
初期時のスッキリとしたホーム画面、好き。

結構、テキトーにアプリアイコンを配置しちゃうので、ボク。

iPhone5sホワイト4
PENTAX K-7(DA35mmF2.8 Macro Limited)

背面にして撮ってみましょう。
うちの妻、こんなボクの姿を気味悪がってんだろな…。

まぁ、ちょっと不思議な光景だろうな。フツーの感覚だと。
わざわざ一眼レフ持ってきて撮ってるんだもんな。

でもっ、撮る!
マットなシルバーの背面も美しい!
すぐ傷ついちゃいそうだけど。

林檎さんのマークがキラリと光ります。

iPhone5sホワイト6
PENTAX K-7(DA35mmF2.8 Macro Limited)

で、今回、iPhone5sにした最大で唯一の理由はココ!
フラッシュじゃないっすよ!フラッシュも機能アップしたらしいけど。
(あと、チップもすごいらしいけど、大したアプリ使わいないので)

開放f値2.2というカメラのレンズ部です!
ネットをいろいろ見たら、iPhone5cはf値2.8らしいのです。
なので、iPhone5sのほうが少し明るいレンズの模様。

iPhoneは料理とか撮る機会が多いので明るいf値は嬉しい。
まぁ、ぶっちゃけISO感度や画像処理でなんとかなるんでしょうけど。

でもね、そーゆーところで敢えて購入判断するってのが大切なんです!

iPhone5sホワイト3
PENTAX K-7(DA35mmF2.8 Macro Limited)

付属品も美しく梱包されております。

付属品を覆う薄いフィルムも、Apple製品だと批判が聞こえないような。
過剰包装だぞ!って。
たぶん最小限の使用なんだよ。そう納得する。

上手いよな、イメージ戦略が。

iPhone5sホワイト7
iPhone5s(標準機能でモノクロ加工)

iPhone5s本体はすでに取り出したので、せっかくなので付属品を撮ってみました。
標準の加工でモノクロに。

うん、もとのプロダクトの出来がいいので写真も美しく見える。

変わった形のイヤホンは、iPhone5からなのかな。
あんまりネットで話題になってないから。

iPhone5sホワイト8
iPhone5s(標準機能でモノクロ加工)

一番驚いたのは、イヤホンのケースの裏に林檎さんマークがっ!

これって、あんまり日の目を見るケースじゃないと思うんですよ。
付属イヤホン使う人も、別のイヤホン使う人も、このケースは常用しないはず。

そのケースのこの凝りようは、もう狙ってるとして言えない。
さすがiPhone、さすがApple。こんなボクも虜になっちゃいますよー。

同じ機種が全世界で出回っていて、みんなと同じ機種使ってる超普及機なのに、
所有の特別感を出すのがずっごく上手!それなりに高価だけどね。

お父さんランチボックス
iPhone5s

ちなみに、ショップではお父さんランチボックスをくれました。
たぶん、ランチボックスとしては使われず娘っこのオモチャになるだろうな。

開けてみたら、パッキン構造でなくタッパーのようなつくりでした。
うーむ、やっぱ娘っこのオモチャか小物入れかな。

このような感じで、開封の儀でした!
あー、やっぱり、MacのPC欲しいなぁ。あの、薄いやつ。

さて、あとは、落としても壊れないようにバンパー買うでしょ。
ディスプレイに貼るガラスとかも見てみるでしょ。
クラウドのSkyDriveとDropBoxを設定するでしょ。
つかアプリを移行させるでしょ。

いろいろ楽しみながらiPhone5sをいじっていきますかー。

これが、巷で好評なガラスの液晶保護。0.2mmでエッジがラウンド加工されてるらしい。
衝撃を受けた時、いつものシート(シールみたいなやつ)と、どう違うのだろうか。
欲しいなー。でも3千円かあ。悩む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。