【千代の湯(平井 銭湯)】25時まで営業している老舗銭湯!立派な風情ある建物に癒されます

ea605f343c75013ea00bbe5b23409e3c

江戸川区平井は、銭湯が多いエリアなんです。平井地区だけど6件も銭湯あるのです。その中でも、立派な建物と立派な煙突が目印の「千代の湯」が今回のご紹介記事です。

スポンサーリンク

まず、東京の銭湯は大人460円。未就学児は80円です(江戸川区では大人1人に未就学児2人まで無料!!)。中学生未満の子どもは 120円。ワンコインで、広くて温かい(というか熱い)お湯に浸かるのは幸せそのもの。最新の癒しを意識した銭湯もあれば、レトロな雰囲気に癒される銭湯もあります。「千代の湯」はレトロ系です。

スポンサーリンク

立派な煙突!立派な建物!

まず、目印は立派な煙突!最近、珍しいですよね、立派な煙突を持った銭湯は。木造アパートの路地から眺める煙突は下町風情です。こうやって写真で撮ってみると良いものですね。

千代の湯6

▲立派な煙突は屋号「千代の湯」が書かれています

建物も立派です。純和風。カラーンと、桶の音が聞こえてきます。ビルの1階に入っている銭湯なども多い中、この立派な建物は貴重です。地元に、こんな銭湯があるのは嬉しいですね。

千代の湯3

▲立派な面構えの建物!

夕方や夜に行くと、もっと風情があってレトロ好きにはたまらない光景。レトロ&ノスタルジック!とても落ち着きます。ここ「千代の湯」は25時まで営業しているので、仕事やアウトドアで夜遅く帰ってきても立ち寄れます。25時まで営業している銭湯は、そうそうありませんよ。

千代の湯2

▲夜に行ってみると、とても暖かな雰囲気

銭湯で、子どもに入浴マナーを教えるのも大切です。脱衣所ではウロウロしない、かけ湯をする、シャワーは出しっぱなしにしない、椅子や桶は片付ける、湯船でははしゃがない、出る時は身体を拭く、などなど。とは言いつつも、あんまり肩肘張らずにたっぷりのお湯と勢いあるシャワーを存分楽しみましょう!湯気イッパイの大きなお風呂で身体を伸ばす幸せといったらもう、最高ですよね。

千代の湯1▲パノラマで撮影した「千代の湯」

下町の銭湯なので、お湯は熱めかと思いきや、あんまりそうでもなかったです。自分が下町育ちだからかな(一般的には熱い部類だと思う)。でも子どもには少し熱いかなと思います。だがしかし!ここ「千代の湯」は日曜日にぬる湯の湯船を用意しているのです!なんというありがたいホスピタリティ。子連れでも安心して行けます。日曜日がおススメです。

千代の湯4

▲懐かしの「さくら」下駄箱

下駄箱は懐かしの「さくら」の木札ロッカー。たまりません。レトロだけが売りかと思いきや、薬湯(ハーブ湯)にも力を入れていて香りに癒される湯船も用意されております。日曜日には、ぬる湯と薬湯(ハーブ湯)と普通の湯船を楽しめちゃうという。もちろんジェットバスもあります。水流が強くて大人でも楽しめるジェットバス。銭湯は現代社会の癒し空間です。

千代の湯5

▲ひとっぷろ浴びてポカポカ幸せ~

あと、ここの風呂場にはシャンプーとボディーソープもあるんです。銭湯には自分で石鹸やシャンプーを持って行く時代に育ったので驚きでした。嬉しいですね、シャンプーやボディーソープがあるのは。持って行くのはタオルだけでいいんですから。脱衣所には、ジュースやビール、アイスも売ってます。売上に貢献すべく、アイスを買ってみたりしてみましょう。

脱衣所も安定の作り。風格と歴史を感じます。

千代の湯03

▲風呂上りの牛乳はソファーでゴクつこう!

千代の湯02

▲番台さんから脱衣所が見えない作りに改装したとのこと

千代の湯01

▲渋い擦りガラスでの「男湯」

おススメポイント!!
・日曜日はぬる湯があって子連れでもOK!
・薬湯(ハーブ湯)に癒されます!
・25時まで営業してます!
・シャンプーとボディーソープ常備!
・立派な煙突と立派な建物!

電話番号はこちらのホームページをご確認を!
(15:00~25:00 土曜定休日)

江戸川区浴場
江戸川区浴場組合ホームページ!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。