抗不安剤を処方されているヒト!アカシジアという副作用を知っているか?!結構、辛かったぞ。

うつ症状、不安状態なので心療内科・精神科のクリニックからお薬を処方されてます。先週処方された抗不安剤が、まったく合わずに副作用で数日間苦しんだ内容をご紹介。脳に影響与える薬ってやっぱりスゴイ。というか、怖い。主治医や精神保健福祉士にちゃんと伝えて薬を変えてもらって体調復調へ。良かったー。


スポンサーリンク

a1180_007522

スポンサーリンク

不安症状が強いので抗不安剤を処方される

臨床心理士とのカウンセリングの中で、頭で分かっちゃいるけど、実際の言動に不安感が強いとの話になりまして。主治医から今までの違う種類の抗不安剤を処方されたのです。これがボクの身体に全く合わなかった。

処方された抗不安剤は「ルーラン(4mg)」という薬で、うつ状態・躁状態・統合失調症・気力減退などに効く薬です。これを毎朝、朝食後に飲むように指示を受けたのです。容量も一番低いもの1錠です。

これを飲んだ2日後くらいから、明らかに体調がおかしくなってきたのです。

副作用(アカシジア)の発症

ちょうど、両親の菜園にムスメと行ったのですが日曜朝から体調がおかしい。

・ソワソワ、ゾワゾワする
・じっとしていられない
・座っても横になるのも長時間できない
・息苦しさが増えてくる
・身体中がもぞもぞする
・落ち着かない
・過食と肩こり悪化

これは、抑うつ症状が悪化したのかなって思って少し心配だったのですが、いろいろ調べてみたら副作用のようでした。アカシジアという副作用だったのです。初めて聞いた名称でした。

・「体や足がソワソワしたりイライラして、じっと座っていたり、 横になっていたりできず、動きたくなる」
・「じっとしておれず、歩きたくなる」
・「体や足を動かしたくなる」
・「足がむずむずする感じ」
・「じっと立ってもおれず、足踏みしたくなる」など

詳細は厚労省のPDF:http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1j09.pdf

まさに、ボクの症状と一緒!一時はうつ症状の悪化と思って落ち込んでこんな記事を書いたのですが、副作用でちょっと体調が特におかしかったのもありそうです。ポイントは精神(心)がソワソワするよりも身体中がソワソワするという違いで、この副作用は後者の身体のソワソワです。

じっとしていられなくて、電車や車は辛かった。朝食後すぐに間食、昼食、また間食と気を紛らわせることもした。そんな1週間でしたが、主治医に話したら、即、薬(ロナセン2mgに変更)を変えてもらい、アカシジアをおさえる薬(アーテン2mg)も同時に飲むように処方されました。1錠の容量も下げて、朝昼2回になりました。

精神疾患の薬は効能もあるけど副作用もある

あたりまえですが、脳みそに影響しているんだって感じました。少し、怖いですよね。でも、効能もあるので、うまく付き合っていきたいですよね。今回は、すぐに主治医にちゃんと伝えたので、薬が変わったらアカシジアは治まりました。良かったけど、これはこれで脳みそへの影響が迅速過ぎて怖い。

アカシジアとはギリシャ語で「座ってられない」という言葉からの用語らしいです。それにしても、結構、シンドかった。この副作用。やっぱり心身ともに健康って大切。

命には直接的に影響ないけど、日常生活には影響が出る副作用でした。このアカシジアがひどくなると、自死などの衝動的な行為にもつながるようです…。あと、服薬を勝手に止めてしまい、うつ症状が悪化することもあるようです。

変化や気になることは主治医に必ず伝える!

今回の教訓は、変化や気になることは必ず主治医に伝えること。伝えてなかったら、副作用に気づかずに、うつ症状の悪化と受け取って復職リハビリが延びるところでした。

どの薬も、効能と副作用があることを肝に銘じましょう。最低容量でも副作用出たので、ボク。身体との相性とかもあるのかなぁ。もとの薬は副作用が少ない新型の薬だったので。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。