【不安障害】「まずは身体(心)が回復してから」、「クビかどうかは会社が決めるこった」という言葉

やっぱりヨメと子どもの次に頭に浮かぶのは実家の親兄弟だ。クリニックに行った翌日、身体の不調とまた会社を休まないといけないことを実家に話にいった。土曜日は弟に、日曜日は親父と母に。不思議なもので、実家に話しても悲壮感は無かった。


スポンサーリンク

写真 2014-11-02 15 40 33

スポンサーリンク

「ふーん、クルマの免許でも取れば?!」

まずは、弟に話した。
弟は「ふーん」っていう感じだった。

弟は、兄のボクについては、フツーに働いて、フツーに転職して、フツーに結婚して、フツーに子ども育てて。何もかもがフツーで順調に見えるらしい。自分(弟)はいろいろあってフツー以下のところで生きていると思っているらしいが、そんなことはないのだ。

「障がい者手帳もらうのもありじゃん」
「合宿でクルマの免許でも取れば」

生意気に、会社のパソコンでエクセルを使って仕事をしながら応えやがる。クルマの免許でも取れば職探しも広がるってことだろう。(まだ、クビになったわけじゃないっつーのに)

そういえば、一回目の休職のとき「障がい者手帳もらって障がい者枠で働くって人もいるよ、重度だと」ってヨメが言ってた。弟も、病気がひどくなっても野垂れ死ぬことは無いと言いたかったと思おう。

カップ焼きそば食いたいなって言ったら、普通のお店の焼きそばを買ってきてくれた。最後に頼れるのは血の繋がった家族だというのは本能的に感じる。それも両親と違って、弟はまだ若い。まずは話して心象を良くしておこう。

身体が治ってからだな、クビかどうかは会社が決めるよ

親父には、もし快復に時間がかかるようだったらヨメと子どもをヨメ実家に帰して、おれは実家に戻ってくるって話をした。いま住んでる築20数年のマンションは売るか賃貸に出すか。

「うーん、親子が離れるのは良くないなぁ」

って応えが返ってきたが、オレが子どもん時は仕事ばかりでずっと家にいなかったじゃないか。まったく。それに、大企業ほど単身赴任が多いし、エリートは海外赴任だってある。中の下の発想だな。って心の中で毒づくも、ボクはヨメやムスメとは離れたくない。

「うちにみんなで住むのもありだ」

って言うけどアレだよ。こんなボロ屋(祖母ちゃん時代に建てた築半世紀の木造。すきま風だらけでネズミも出る)に旦那両親と義理の弟がいるんだ。今度はヨメがメンタル疾患になっちまうわ。

二度目だし、クビだ。
普通解雇か、居場所がなくなって自主退職だ。
そんなコトバを吐き捨てる。
完全に親の前で甘えている子どもだ。

「まぁ、クビかどうかは会社が決めるこった」
「まずは、身体(心)あってのことだから休め」
「医者の言うとおりにしろ」

ヨメも、まずは身体を治すことって言ってくれている。家族とは本当にありがたい。それにしても、子どもがこんなに育ってしまった両親が不憫だし、こんな旦那と結婚したヨメが不憫だし、こんな父親がいるムスメとお腹の赤ちゃんが不憫だ。こればかりは、本当に自分が情けないと思う。身体あっての仕事だし、仕事あってのお金だし、お金あっての生活である。(無収入時に月給の6割くらいが給付される健保の傷病手当は、あと1ヶ月しかもらえないのである…詳しくはこちらの記事を)

実家で話すのは、とてもエネルギーがいる。
布団にくるまってたいのに身体を動かすのはつらい。
でも、やっぱり芳しくないときは頼るしかない。

医者に行く2日後まで、ずっと布団で横になっていた。

つづく。

ちなみに、なんでこんな体験記を投稿しようかと思ったか。辛くて、しんどくて、布団にクルマってスマホでいろいろ検索してたら、同じように悩む人がいたから。そうなんだ、けっこういるんだって思ったので、ここにもいるよって思いで書いてます。

スポンサーリンク

コメント

  1. めめこ より:

    そうでしたか〜。大変でしたね。
    わたしもまだうつ病で休職中ですよ(一度復帰したんだけどやっぱダメで休んでる)。会社の人間関係が原因ってはっきりわかってるので 休職期間満了したら退職しよう思います。それからも傷病手当金もらえるし 雇用保険にもすぐ切り替えられる。その辺の話を社労士会に聞きに行ったりしました。なによりまずはゆっくり休んでください。なんとでもなるさ。いままでがんばってきたんだもの。

  2. 匿名 より:

    めめこさん、ありがとう。
    そうなのですねぇ。再度休職ですか。一緒ですね。
    先生にも自分を責めるな、むしろホメるくらいでいいんだよと言われましたよ。
    とは言われても、自己嫌悪や自己否定や不安ばかり。
    でも、なんとかなるさ!ですよね。

    退職しても傷病手当は1年6ヶ月限度で出るみたいですね。ゆっくりゆっくりしてくださいね~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。