ホントに簡単!余裕のない心がスーッと落ち着く7つのセルフマネジメント。

結構、ナイーブな @tangerineです。仕事の夢、よく見るし。

仕事や学校など、社会生活でヘトヘトになるときありますよね。
そんなとき、セルフマネジメントして心身の健康を保ちたいもの。

ホントに簡単な実践で余裕のない心がホッとする方法、ご紹介します。
もちろん、ボクが実践中。ご参考になれば。



a0990_001254_m

実践1.湯船にアロマオイルを数滴。心を鎮静させてみる。

心を鎮める効果のあるアロマオイルを湯船に数滴。入れ過ぎは禁物。
ゆったり気分の中、心も身体もリラックスできます。

ボクが使っているのは「マジョラム・スイート」です。
家に転がっていたものが偶然、鎮静効果のあるオイルだったのです。

◎ 心への癒し ◎
ストレス症状に。
極度の緊張、神経性の緊張に。
不安に。
精神的外傷にも良いでしょう。
また衝動的、自己抑制がきかない時、効果を発揮します。

この精油は、情緒を温めてくれます。

効果を調べると、ピッタリ。肩こりにもいいらしい。(ホントか?)
何日か使っていますが、確かに心は静まります。

焦ってたり、ソワソワしてたり、仕事のこと考えたり、
そんな気持ちがスーッと収まり、さて寝ようかなーってなります。

実践2.バルコニーでのストレッチで身体を伸ばしてみる

ボクの住んでる部屋はマンションの6階なので、夜のバルコニーは風が通ります。
首都高を走る車の光や、電車の音や、かすかに光る都心の星や。
そんな中でストレッチをすると気持ち良いんです。
ストレスで縮こまった身体をゆっくり伸ばすことは重要です。

ふーって穏やかになりますよ。

実践3.本を読んで、現実世界から切り離してみる。

本を読んでると、新しい知識に刺激されたり、内容について考えたり、
物語であればその世界に入ったり、現実世界から切り離されます。

悩んでたり、頭の片隅から離れなかった心配ごとが、スッと小さくなります。
一度、そのような感情を切り離す行為は大切。
切り離してみれば、また時間をおいて向き合えばいいわけです。
ずっと向き合ってたら疲れちゃいますよね。

読書にはストレス解消効果もあるようです。
ティータイムや散歩以上の効果があるとか。

読書がストレス解消に非常に効果的であることが研究で明らかに – GIGAZINE
読書のストレス解消効果

実践4.ブログを書いて外向き思考に切り替えてみる。

脳内を整理してアウトプットに集中すると、気分転換になります。
今までの内向的思考が、外向きの思考に変わる感覚です。

読書はインプット、ブログを書くのはアウトプット。
なーにブログなんて書いているんだか、こっぱずかしい!って言う人も多いですが、
じつは精神安定やアウトプットの練習だったりします。

実践5.深呼吸をして、浅い呼吸を是正してみる。

心が焦っていたり、ストレスを受けていると呼吸が浅くなります。
呼吸がせわしなくなります。

イロハのイ、ですが、深呼吸を10回程度してみる。
簡単ですが、心が落ち着き、呼吸が整います。

寝る前の暗い部屋で横になりながら深呼吸がおススメ。
寝つきもよくなります。

実践6.家族とゆっくり他愛のない会話をしてみる。

大人になると忙しいものです。
仕事、家事、育児。なかなか家族の会話の時間もありません。

寝る前のゆったりした時間も作れないものです。

もし、たまにゆっくりした時間が30分でもあれば他愛のない会話をしましょう。
寝る前の時間ならなおよし。

なんだかんだで家族って大切ですよね。
話していると、あー、やっぱ居場所はここだよねーっていう安心感。
ま、たまにはケンカになることもありますが、それも家族。

実践7.ちょっと先の楽しい予定を考えてみる。

土日や休日のお楽しみ予定、楽しい仲間との飲み会、旅行や買い物。
目の前の大変なことではなく、ちょっと先の楽しみを考えましょう。

おー、そうだそうだ、楽しいことあるじゃん、楽しみ!
って気分が盛り上がります。疲れているの目の前ばかりになるもの。
お店調べたり、旅先の情報調べたり、スケジューリングしてみたり。
能動的でハッピーなことに気持ちをもっていきましょう。

好きな人がいる人は、好きな人とのことを思えば楽しいものですよね。
まぁ、仕事上で楽しみなことは少ないかもしれませんが、あればめっけもの。

アンパンの歌にあるでしょう、

もーし、自信をなーくして、くーじけそうになーったら、
いいことだけ、いいことだけ、思い出せ♪

このような感じで、簡単ですぐに実践できるストレス解消法というか、
気分転換方法を書いてみました。皆さまのやり方もぜひ教えて下さい。
なるべくなら、ストレスは抱えたくないものですが、そうもいかないのが現実。
上手にセルフマネジメントをしていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。