iPhone8やiPhoneXはいらない!写真好きでもiPhone6s(16GB)で十分使い倒せる6つの理由

自宅のパソコンはWindows一筋ですが、スマホはiPhone一筋の みかん(@tangerine_buddy)です。iPhone8やiPhoneXが発売ですね。私はまったく興味がありません。オーバースペックです。そして高価。

超大量生産して、部品も買いたたいているのに、なぜにこんな高価なとかと驚きます。ブランドの維持にはある程度高価なほうが良いのは理解しますがねぇ。庶民にはいらないっしょ。私は2世代前のiPhone6Sの16GBで十分です。ただ、さすがに16GBは少ないのでいろいろ工夫しているので、ストレージ節約などの方法をご紹介。

スポンサーリンク

1.写真や動画は無料のクラウド上に保存

ストレージの容量を使うのが一番多いのは写真や動画です。これは、Microsoftの「One Drive」に都度アップしています。自宅のwi-fi環境で同期をとってます。いろいろなオプションで容量を増やし今は30GBの容量が無料で使えるので、今までiPhoneで撮った全写真と全動画をアップしているのですが、現在の空き容量は16GBです。まだまだ余裕ですね。2011年秋に初めてiPhoneを手に入れたので、そのころからの写真と動画を保存してます。

念のために自宅のパソコン(400GB)外付けHDD(500GB)にも保存しているので、いきなりサービス停止でも大丈夫なように冗長化を図っています。iPhoneは最高のスナップシューターなので、バシバシ撮りますが、自分の中で失敗した写真はこまめに削除しています。

今はデジカメにwi-fi機能があってiPhoneに取り込めるのですが、以前は「Dropbox」を画像の受け渡しに使ってました。今も10年以上前の写真(外付けHDDに格納)をブログなどにアップする時は「Dropbox」を仮置き場として使ってます。理想を言えばマイクロSDカードのスロットがあるといいんだけどなぁ。今ではiPhone用の外付けのメモリがあるみたいですよ、気になる。

2.SNSアプリは必要最低限で十分

今使っているSNSアプリは「LINE」、「Twitter」、「instagram」、「Facebook」、「Messenger」です。この中で「Messenger」は使用頻度も少なく、LINEやメールで代替できるので削除しようかなと思っています。極論を言うと、「Twitter」や「Facebook」は「Chrome」や「Safari」などのブラウザアプリでも最低限、使用に耐えるので削除してもいいかなーって思ってます。写真が好きなので「instagram」は残しておこうかなって感じです。

3.使わなくなったアプリは削除!削除!

過去には「miil」や「Retty」というグルメ系のSNSアプリも使っていた時期もありましたが、これはずいぶん前に削除しました。「miil」は料理の写真を編集するフィルターが便利で、より美味しそうな写真に加工してアップしていましたが、今は、iPhoneの標準機能で少し編集できますし、「instagram」のフィルターや調整のほうが使いやすいですね。

「Retty」は実名でのグルメ口コミを売りにユーザーが伸びているようですが、アラフォーで2児のパパになると外食自体が激減するのですよ。会社の飲み会は安いお店で十分だし、家族とはファミレスで十分。たまに美味しいお店で食べたいときは普通にGoogle検索で情報を集めれば事足ります。

画像編集アプリも削除しちゃいました。撮った写真はそんなに細々と編集することが無いので「instagram」の機能で十分です。機能がいっぱいあると、かえって悩んでしまいヘンな写真が出来上がってしまうこともありますし。

4.機能性重視のアプリは生き残ってます!

「乗換案内」と「天気予報」はYhaoo!のアプリを使っています。これはなかなか高機能だし日常生活でも便利ですね~。あとは「QRコード読み取りアプリ」は使用頻度は少ないものの便利です。郵送物や配達物の再配達のペーパーにQRコードがあるので、それに使うのがほとんどですね。地図は王道の「Google Map」です。ブラウザは「Chrome」です。必要最低限で今のところ大丈夫ですよ。

5.標準機能で代替できるケースがほとんど

メモは標準のメモ機能で十分ですし、リマインダーも標準機能で十分ライフログ(体調管理)とタスク管理は、アナログ化にしました。小さめなカレンダー帳と1週間タスク付箋紙で十分事足りています。3色フリクションで使い倒しています。

一時、モブログ用のアプリを入れてありましたが旅行の時に試しに記事をアップしてみて、それ以降使っていないので削除。ブログ記事のキーワードやシナリオは標準のメモ機能に残しておくかアナログの手帳にメモしておいて、あとで自宅でパソコンからアップしています。気になったサイトのURLなどもメモ機能にコピーで十分です。

6.デュアルカメラも大きなサイズも不要

新しいiPhoneはデュアルカメラといって、標準画角カメラと2倍望遠画角カメラがそれぞれついてますが、そもそもスマホで撮る写真で2倍望遠は不要です。iPhone6sは1,200万画素で開放部f2.2というそこそこのスペックなので、単焦点レンズのように1つのレンズで十分に意図した写真が撮れます。動画の手ぶれ補正機能も秀逸です。

そしてiPhoneは進化するごとに大型化していますが、iPhone6sくらいの大きさで十分ですね。本当はiPhoneSEくらいの大きさがベストですね。私、手が小さいので。女性なんか、iPhoneSEくらいがちょうど良いんじゃないかなぁ。

【おまけ】課題はYouTubeによるパケット容量増大…

私はiPhoneでゲームや動画を見たりしないので、そこらへんのアプリや高性能CPUなどは必要ないのです。ただ、一点問題が…「YouTube」で音楽聞きながら通勤しているのでパケット量が膨大になってしまいました。ソフトバンクの料金プランで20GBのプランにしちゃったんですよ…。ここは改善したいなぁ。音楽ファイルをiPhone6sの16GBに保存すると容量圧迫するので、今後の課題ですね。

iPhone6sの割賦支払いが終わったらSIMロックを解除して格安SIMにする予定なので、そこまでに良案を考えておこうかと思います。ソフトバンクに支払う月額は夫婦で15,000円なので、もっと通信費コストを抑えたいのが本音です。

ということで16GBのストレージで十分使用に耐えますよってお話でした。最新のiPhoneは12万円もするので、さすがに高すぎる。15年以上前、ゼロ円携帯が華やかし頃が懐かしい。それでは、皆さま、ステキなiPhoneライフを~。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。