書評【逆転の発想の写真の入門の本 写真を使わずにイラストで図解したら、むしろ分かりやすくなりました。】脱初心者に最適な本でした!

写真、上手くなりたいですよね?!そんな人におススメの本を発見。写真の本なのに、写真が1枚も無いというステキな本。イラストが秀逸でステキ。写真の脱初心者を目指す人に最適な本ですよ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

写真の撮り方の本なのに写真が1枚も無い!

サンプルや作例の写真がいっぱいあるから今までの写真本はつまらなかったのだ!!この本は、ゆるいイラストで説明してくれるのだ!脱初心者を目指す人は必見なのだ!

いろいろな写真の本を読んだことあるけど、この本での情報はエッセンスがつまっています。基本知識から、上級テクニック(たとえば、リバースアダプターレンズを逆につけて超マクロレンズにする楽しみ方とか)まで網羅されています。

FullSizeRender

集合写真のピント合わせ位置とか、初めて教わりましたよ。真ん中や一番前じゃなくて、前から三分の一暗い後ろに合わせるのがベストなんですねぇ。目から鱗。

基本的な情報から上級テクまで網羅

絞りや露出、フィルター、構図、ストロボなどなど基本的なテクニックは網羅されております。これ1冊を片手に、ためしに写真を撮ってみると、、、たぶん感動すると思いますよ。「これか!このイラスト通りじゃないかい!」ってな具合に。

写真の本だけどイラストオンリーというコンセプトもステキ。イラストの方がデフォルメされて分かりやすいんですよね。文の行間もゆったりで読みやすいのも読み手に優しい本になってます。amazonにレビューが無いのが寂しいな。とっても良書なのにぃ。

イラストだとイメージが湧きやすいんだと思います。実際の写真だと、その画そのものが作例ですが、イラストだと自分が撮りたい写真のイメージを想像するのだと思います。そのイメージはすっごくうまく撮れているはず。そんな想像も楽しいですよね。

おススメです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。