【社長にも読ませたい 日本一やさしく経営がわかる会計の本】は数字のコツを掴める良書!

「会計」と「統計」が流行りのようです。最近のビジネス書は。
今回ご紹介する本は、数字を見るコツを教えてくれる本です。
仕訳とかメンドクサイ内容はありませんので、万人におススメ。
税金にも詳しい著者の本は、基本知識拡充にもってこいです!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

経営数字を直感で見るコツを教えてくれます。

この本の著者は、税金や会計の読みやすい本を何冊も書いております。経歴を見ると、結構、ベンチャーでシビアな環境で働いていた営業マンらしいのですが、著書は平易な文章で煽ったりしていないので好印象。

まず、納得したのがこれ。

「2つの割り算から」で本質をつかむ

売上を従業員数を割れば、「1人当たりの売上」。
その他にもいろいろな「率」を求める場合は、必ず割り算です。いろいろな「率」は、その経営状況を見極める数値となります。他の企業の数値と比べる際に有益。この感覚は大切にしたいです。

電機メーカーなど固定費が高いメーカーは、赤字だ黒字だと新聞をにぎわせますが、それはこんな理由によります。

固定費が高い業種であるほど、売上が上がれば利益が出やすい業種

要は、売上で利益の増減幅が大きいのでネタにしやすいのでしょうね。逆に、固定費が少ない人件費主体の企業は売り上げが上がっても利益がグンと伸びることは少ないようです。

数字は事実、そのコアな事実の目を向ける必要性

営業畑の人は、売上に目がいきがちです。でも、大切なのは、粗利。ボクも、売上より、粗利がしっかりしている会社のほうが好きです。筋肉質な感じがして。

売上でなく限界利益(粗利)

とは言いつつも、営業畑の経営陣が多いのでどうしても売上にフォーカスされがちな日本企業が多いですよね。

借入金(借金)返済についても難しさを述べています。
これは、家計の住宅ローンと一緒の構造。

借入金の返済は税引後利益だけが返済原資

最終的な虎の子の利益でしか、借金は返せない。
家計も、最後に残ったお金(だいたいは貯金にまわす)でしか、借金返済はできません。

時間を買う重要性を説いてます。
時間はカネで買える。そして、借金してでも買える。

M&Aは「時間を買う」。
時間を買う借入は良い。
事業資金を賄う借入は悪い。

事業資金を借り入れて運転していくのは、自転車操業といいますよね。ただ、中小零細企業では事業資金を借り入れている会社も多いし、融資をしている金融機関もとても多いです。

貸借対照表(B/S)はやっぱり超大切!

貸借対照表は、やっぱりとっつきにくい財務諸表です。正直、難解ですよね。何度、本を読んでも理解が出来ないです。でも、貸借対照表は資産と負債という会社の積み重ねを表現する財務諸表なのです。

損益計算書は1シーズンの成績。
貸借対照表は積み重ねの実力値。

やっぱり、貸借対照表を勉強せねば。
家計やおこづかい帳だと、長くても1年スパンの感覚ですよね。それも、余剰なのか不足なのかというところに目がいきます。貸借対照表は、なかなか生活では使わない感覚なので勉強が必要そうです。

経費節減や節税は、会社経営に大きなインパクトを与えます。売上をムリして上げようと従業員を酷使しても、実は最終的な利益アップには影響度は少ないです。(もちろん、ある程度売り上げが上がっている土台がある前提です)

経費の削減は税引後利益に50%のインパクトを与える。
節税は100%のインパクトを与える。

最終的な利益(税引後利益)にインパクトを与えるのは経費節減と節税。利益に直結する対応です。ここは、営業畑の経営陣にとって弱いところ。知識をしっかり勉強する必要性がありそうです。特別償却や特別税額控除などを知っておくことをおススメしています。

本質的な考え方とお金の見方を教えてくれます

粉飾できるし、特損計上で利益が下がることもあるし、意外と上下するのが利益。ただ、やっぱり手持ちキャッシュは真実です。あたりまえですが。

利益は意見、現金は真実。

例えば、株式などをやるときに利益ばかりで企業を判断するのは短期的な波しか見ることができません。腰を落ち着かせた取引や投資には、キャッシュを見るのが重要です。

最後に、当たり前のようですがこんなことも。

上場することの本質は「資金調達」

信用度が上がるとか、認知率向上などの効果もあるけども、本質は資金調達。「上場企業」っていうステータスで判断する人が多いけど、あんまりステータスとは関係無いんですよね。もちろん大企業が多いですが、それは資金調達を必要とする大企業が多いだけのこと。大企業は設備投資などにもカネがかかりますから。

という納得感のあるコトバが続く本書ですが、いちばんグッときたのはこのコトバ。

少ない知識でも、それを活かすことが重要

これって、大人の必要スキルだと思います。なんか、資格とかでの知識拡充も重要ですけど、日々の生活で手に入れた情報や知識を最大限に生かす脳みそが大切だと思います。でもね、なぜか、大人になってくると、そーゆー脳みその使い方が少なくなってくるのかなって思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。